So-net無料ブログ作成
検索選択
台湾旅行記 2008⑤ ブログトップ

台湾旅行記 2008.9 台北[帰国日はあれですね&台湾しりとり] [台湾旅行記 2008⑤]

こんばんはー。
前回は暖かい日々…などと書いておりましたが、またしても寒い毎日ですね。
春、やはり遠かったなー。
今回は台湾旅行記の最終回です。

台湾旅行記 2008.9 台北[帰国日はあれですね&台湾しりとり]

帰国日の朝。朝といえば、お決まりですね。
阜杭豆漿 相方はお初だったんです。
P1-1.JPG
甘い豆漿、鹹豆漿、蛋餅、焼餅加蛋。今回は2人なので鹹豆漿も食べられるー!
P1-2.JPG
あれ?焼餅が焼きたてのパリッとした感じがなくて、少々しんなり。
いつももっと香ばしいのになー。この時すでに10時頃で、お客さんも少なめだったからでしょうか。
相方は食べながら「美味しいんだけど、これ、ここでないと駄目なの?」と。
街にはたくさん同じようなお店があるのに、わざわざここへ来るほど?と思ったようで。
阜杭の前に色々な豆漿店へ行っておけばよかったかなー。
ホテル近くの四海豆漿でも良かったんでは!と強く思いました。あそこ、充分美味しいし。

時間もあり、散歩がてらホテルまで歩いて帰って来てしまいました。

P1-3.JPGP1-4.JPG
昨日買ったパン、食べてませんでした。荷物になるなら食べちゃう?出発前にパンを食べだす私。
表面がツルツルのスベスベ。中の生地はしっとりみっちり。甘い豆入り、大納言と書いてありました。

空港です。
P1-5.JPG
落ち着くと何か食べたくなるんですよね。台湾食の締めは担仔麺です。
P1-6.JPG
出発までのんびり。台湾はすっかり良いお天気で、あの台風12号は日本にいたんでした。
相方に「次、旅行どこ行く?」と聞くと、「台湾。」と言います(笑)
次回がいつかはまだわかりませんが、また一緒に来たいと思います。

[ここで台湾しりとりです]
boneoriさんから「あ」で引継ぎましたので…
P1-7.JPG
「阿給(アゲイ)」(淡水の名物で厚揚げの中に春雨をたっぷり詰めて魚のすり身で蓋をしたものです。タレが独特。)本物でなくてすみません。台湾小吃ストラップです。
次回は「イ」です。
次なる旅人、またしても…boneoriさん、よろしくお願いいたします!

今回の旅も最後まで読んでいただきありがとうございました。
また次回は香港旅の事をぽちぽちとご紹介させて下さいー。
nice!(0)  コメント(10) 

台湾旅行記 2008.9 台北[帰国前夜] [台湾旅行記 2008⑤]

こんばんはー。
春一番も吹き、暖かい日が続いております。
このまま、もう春?そんなわけないですよね?まだ2月の中旬というのに…。
今回も台湾旅行記、ざくざくいきたいと思いますー。

台湾旅行記 2008.9 台北[帰国前夜]

夕方になり、またまた新純香さんにお邪魔してます。
相方はホテルに戻ると眠くなったようです。なので1人ぶらぶら。
P1-16.JPG
中秋節。この時期の限定菓子、蛋黄酥と文旦をいただきました。
この蛋黄酥が美味。黄身の塩気といい、餡といい、しっとりとした酥、皮が一体になった時の美味さといったら。この黄身の選別も1つ1つ手作業でされていて、大量に作ることは出来ないそうです。
時々ふと食べたくなることがありますが、またこの季節のお楽しみですね。

さて夕食ですが、相方が「スパイシーなのが良い。辛いの。」と申しますのでKIKI餐庁でも行こうかな、と。あの「蒼蠅頭」を相方は食べてないんですよね。じゃ、あれにしようかな~…と決定したところでDさんからお電話が。「夕食、まだだったら四川でもどう?」え、四川?なんというタイムリーなお誘い。「喜んでー!」と出掛けました。

P1-1.JPG
鶏肉の唐辛子炒め
P1-2.JPG
卵と海老の炒め物
P1-3.JPG
四川といえば、麻婆豆腐
P1-6.JPG
四川といえば、銀絲巻

他、酢豚や青菜炒め、蛤と冬瓜のスープなど。辛いものはほど良く辛く、皆が美味しく食べられる四川料理でした。ちょうど日本から遊びに来ていたDさんの姪御さんもご一緒です。姪御さんはここのお店が気に入って、滞在中2度目とか。あろうことか店の名前も所在地もわからなくなってしまいました。店のカードをもらうのを忘れたようで。錦州街だった記憶です。
9時の閉店時間に合わせて厨房で働く方を迎えに犬が来ました。大きな犬で、最初ドア越しにしばらく店内を覗いてましたが、ドアを鼻先で開けて店内に。わわ!店内に!毎日お迎えに来ているそうで、事情を知らない私などは驚きました。それにしても賢いわー。
ここでDさんご夫妻とお別れです。今回も2人してたくさんお世話になってしまいました。ありがとうございました。

その後、夜市でも行ってみようかと。士林夜市まで来ました。
やはりすごい人出。日本人観光客がたくさん…って、私もその1人だった。
慈誠宮に入る道の角に行列する屋台が。薄いお肉に野菜か何かをたくさん巻いてあるようなの…まだ満腹でしたので横目で見て通り過ぎるだけ。(ホテルに戻ってから買っておけばよかったー、なんて。)
P1-7.JPG
ふと、相方が「あれ、飲んでみる。」と。ん?え?砂糖きびのジュースですか。カメラにポーズ!の元気小姐。
P1-8.JPG
天然の色。飲んだ相方は「あまい!!」 そりゃあ、そうだろうよ…。飲んでみたかったのね。
P1-9.JPG
士林名物、豪大大鶏排。行列です。並ぶと渡されるビニール袋。開いて待機した袋に揚げたてを入れてくれます。合理的ー。

P1-11.JPG
相方の夜食。写真で見えてるのは3分の1ほど。大きなチキン!美味です~~。購入時に辛いパウダー、振っておきました。
P1-12.JPG
私は豪大近くの三兄弟の豆花です。トッピングは花生と紅豆で。氷が溶けてしまってだいぶ増量。
P1-14.JPG
で、油切と。
次の日はいよいよ帰国ですー。

つづきますー
nice!(0)  コメント(8) 

台湾旅行記 2008.9 台北[またしても休みだったのね] [台湾旅行記 2008⑤]

こんばんはー。
巷のデパート、すんごいことになってますね。
2月14日のバレンタインデー。チョコ、今買わずしていつ買う!?どこも熱気充満。
今年は土曜日だし…職場などではどうなのかなー?
でもやっぱり行事には乗ろう。日頃お世話になっている方にと購入。
差し上げる人が少なくなるというのも、さびしいものですよね。
ではでは、今回も台湾旅行記の続きですー。

台湾旅行記 2008.9 台北[またしても休みだったのね]

關渡から、故宮博物院へ行ってみる予定でした。
しかし予想以上に關渡で歩いてしまったので「故宮、次回でいいか…。」と。
改装後の故宮、未だ行けてません。
MRTで「民権西路」へ。
お昼の時間もだいぶ過ぎていましたので、そろそろランチです。
今回、ご飯至上主義の相方を連れてきてみたい店がありました。いそいそ向かいます。

P1-2.JPG

なんじゃ、こりゃーー!!!

私自身も楽しみにしてた「黄記魯肉飯」中秋節のため、お休み!!!
あー、衝撃でした。台風で、端午節で、中秋節で、定休で…何回やらかしてしまってるんでしょうか。
雙城街で一瞬頭が真っ白。
しかしここでぐずぐずしていたら、大半の店が昼の営業 終わってしまうー。
時計を見るともう14:00近い。ここからすぐに行けるお店…どっか無かった???

京鼎樓
P1-4.JPG
小籠包
と、いうわけで長春路と林森北路の交差点至近の京鼎樓へすべり込みです。大抵お昼の営業時間が14:00までというお店が多いですが、こちらは14:30まで。この30分は大きいですよね。
夜は24:00までと遅くまで開いているし!困った時の京鼎樓。鼎泰豊系の小籠包が美味。

P1-3.JPG
空心菜炒め
本当に美味ですよね、このシャキシャキ感。絶妙な塩味。大量なニンニクも無くてはなりませんー。昼からたっぷり補給。

P1-5.JPG
肉絲炒飯
排骨炒飯と悩みました。麺もありますが、京鼎樓へ来たらどうしても炒飯は食べたい。やはり美味。
なんだろうな、この軽さ。油は大量に使っているはずですが、その油も香りよく感じられます。

P1-6.JPG
酸辣湯
これも定番。黒酢をかなり足していただきます。これ!これ!やはり酢が台湾の味。
…はっきり言ってこんなに京鼎樓のこと書いてますが、最初記憶になく、どこ行ったんだっけ?と。
この酸辣湯の写真、器で記憶がよみがえりました。

はー、満腹。
ここから一度ホテルへぶらぶらと戻ることに。
あ、素通り出来ない店がありましたよー。
P1-7.JPG
春水堂 南京店
毎度登場ですみません。春水堂に来ると珍珠奶茶<パールミルクティー>が飲みたくなります。が、先ほどたっぷり油っこいものを食べたのでさっぱりとした金桔茶にしました。店内で飲まずに、外帯すると30%オフに。

P1-8.JPG
ごろごろ入る金桔。お、美味しそう。中の金桔、1つ食べてみよ。噛んでみるととても硬い!皮が硬すぎる!このように食べる用ではないようですね。酸味も苦いほど。口の中の両側が痛い…。
HPを見ていたら新作で珍珠紅豆鮮奶茶というのが。珍珠奶茶に紅豆が!いやー、美味しそう。
これは次回も素通り出来ませんねー。(次に来店した時、これがある事を忘れないようにしたいものです…)

つづきますー
nice!(0)  コメント(14) 

台湾旅行記 2008.9 台北[關渡へ②] [台湾旅行記 2008⑤]

こんばんは!
昨日は新大久保まで出かけ買い物してきました。
な!「辛ラーメン」が円高還元価格で¥80也。他にも韓国海苔が¥60、どこぞかのBBクリームもかなりのお買い得(元の値段がよくわかってなくてすみません。)だったようです。この円高効果がいつまで続くのかわかりませんが、身近な恩恵ですよね。
さて、今回も台湾旅行記のつづきですー。

台湾旅行記 2008.9 台北[關渡へ②]

駅から20分近く歩いて、着きましたー!「關渡宮」です。
余談ですが。宮の直前で向かいからおじいさんが大きなねずみの尻尾を持ち、ねずみを下げながら歩いてきて、ねずみの苦手な相方の動きがぴたっと止まりました。大きいわー、台湾のねずみ。
P1-1.JPG
關渡宮は台湾北部でも最大の媽祖が祀られています。(鹿港の天后宮、雲林県北港の朝天宮と並び台湾三大媽祖)廟の前には淡水河が大きく望め、龍穴という風水でも最高の立地なのだそうです。
P2.JPGP3.JPG
商売の神様といえば、台北市内の「行天宮」ですが、こちらも財神がたくさんいらっしゃいます。
財神洞窟。本堂の裏にある洞窟の両側に財神が並んでおりました。ガイドブックなどで見るたび、この洞窟の様子が気になってました。山を掘ったらしく、歩いてみると想像以上にかなり長い。
P1-3.JPG
洞窟を抜けると立派なご本尊が。正面、眼前には淡水河が広がります。
P5.JPGP4.JPG
狛犬と象。それぞれ対でおりました。
P1-4.JPG
關渡宮は大きいし、洞窟の中も見るものがたくさん。予定よりもかなり時間がかかってしまいました。
今回は来てみて良かったです。

關渡宮を出て、散策します。
P1-8.JPG
淡水河べりを歩いていると、相方が「おおおっ」。何???と指差された水際を見てみると、ムツゴロウみたいなものが何百匹も一群となって動いてるー。ぞわー。初めて見ましたよ…なんだろか?この生き物。(写真ナシ!!!)

P1-7.JPG
關渡宮からすぐのところにあるもうひとつの小さな廟。廟の向かい側の河沿いにはたくさんの小吃のお店があります。やはり夜間営業のようで、昼間は3店くらいしか営業していませんでした。
P1-5.JPG
ここで冷たい金桔檸檬を。この辺りにはコンビニも無かったように思います。
P1-6.JPG
疑問形じゃないのね。

またぶらぶらと駅まで向かいます。
P1-9.JPG
途中、パンの焼けるとても良い香りがー。立ち寄ってワタシの夜食用にパンを買っておきました。

つづきますー
nice!(0)  コメント(12) 

台湾旅行記 2008.9 台北[關渡へ①] [台湾旅行記 2008⑤]

こんばんはー。
まずは先日、横浜中華街でのお話を。
今回も中華街のご案内人であるクラルスさんがステキな会を主催してくださいました。
『祝春節・保仔飯を食べましょう会』at大珍樓。女性が10名!集まりましたー。
(※保仔飯(ボウジャイ飯)は冬場の香港の風物詩。様々な具を乗せ土鍋で炊き上げたご飯。醤油タレを回しかけ、しばし待つとステキなおこげができるという…寒い冬、アツアツを楽しめるご飯です。)
香港で未体験だった憧れの保仔飯。今回、中華街で初体験。3種類の保仔飯を楽しみました。それがとても美味だったので、次回は香港で必ず!と心に誓ったワタシ。
P2.JPG
他にもたくさん美味なお料理をいただいたのですが、今回もうひとつ初体験だったものが!
P2.JPG
アヒルの舌。揚げてありました。今まで台湾でも食べた事がなかった。食感は…舌。噛んだときのぷちっとした感触…。舌の付根から出ている筋?…たしかに筋。噛み切れなくて!

女子(←あえて)ばかりのお集まり。愛すべき姦しさ。オンナ3つでかしましいところ、10個です。
美味しいものを食し、おしゃべりも満開でした。(ホットジンジャーエールの咳込む威力の初体験もできたし…。)
今回もご参加のみなさま、楽しいひとときをありがとうございました!

ではでは、香港…ではなく今回も台湾旅行記のつづきですー。
台湾旅行記 2008.9 台北[關渡へ①]

早くも3日目の朝です。
台風もどうやら回復しました。さー、どこへ出かけますか。
P1-1.JPG
ホテルでの朝食。今回選んだ全ての料理が美味しかった!塩気の効いた葱入りの卵焼き、海老巻揚げ、少々にんにく風味のモヤシ炒め。今までの利用の中でも1番バランス良く美味でした。(それと合わせたのがクロワッサンていうのもねぇー)

目の前の中山站からMRTで北上してみました。
着いたのは
P1-3.JPG
關渡站。ここ、初めて降りた站です。
これから行ってみたかった「關渡宮」をめざしますー。

つづきますー
nice!(0)  コメント(12) 

台湾旅行記 2008.9 台北[台風は微風…のフードコート] [台湾旅行記 2008⑤]

こんばんはー。
最近残業の日々が続き、更新が出来ておりませんでした。
もっとザクザクザクーと更新したいと思っております。香港、年末の台湾と控えてるというのに。
時代はすでに2009。早く2008年の旅を終わらせなければー。

台湾旅行記 2008.9 台北[台風は微風…のフードコート]

旅も2日目。西門町で相方の眼鏡を作った後、ワタシの購買意欲がむくむくと!
ワタシもー、なんか充実したい!
と、いうわけでワタシの買い物のために微風広場へやってきました。
P1-1.JPG
赤外線レーザーのロックオン。LOUIS VUITTON のディスプレイ、なんかドラマチック。

微風広場にはワタシの好きな「London Sole」があります。BARNEYS や伊勢丹よりも断然品揃えも良いのでもっぱら台湾で買うことに。来る度にほしくなるー。相方曰く「同じ靴ばかりでどーする。」
まぁ、ね。そうなんだけど…。

靴も無事購入。また移動するのも面倒で、ランチはフードコートに決定。
台湾・日本・洋食・韓国と様々な料理が手軽に味わえるフードコートは便利です。
何人かグループで来ても、それぞれ好みの食事が出来るのも楽しいですよね。
色々と目移りしながら、相方と2人でさんざん悩む…。
そんな中、匂いと音に惹かれて決定したのが1人鉄板焼き。
P1-2.JPG
ワタシの「黒胡椒牛柳+中巻」中巻?この場合のイカなんでしょうか。イカがまるごと、どかーん。
かなりのボリュームに少々たじろぎました。(ゴハンとスープがセットで178元)
細くカットされたお肉の食感は少々硬めでしたが、味付けが濃くて胡椒もかなり効いてる。ご飯と合います。
P1-3.JPG
相方の茄汁鶏柳。トマトベースでお肉はチキン。あっさりめです。相方はここに辣醤を足しまくっておりました。

食後、スタバの前を通りかかった時
P1-7.jpg
店内の白人の小さな男の子と、店の外の白人の子より少し大きな台湾人の男の子。ガラス越しに
手と手を合わせて「うふふ、うふふ」とうれしそうな様子。この2人、友達同士ではなくて初対面だと想像。白人の子の両親は店内に、台湾人の男の子の両親はすぐ後ろで、それぞれに顔で息子達を見ています。
だれかと仲良くなりたいのに言葉なんていらないんだなー…。勝手に胸がいっぱい。

この日の夕食はboneoriさんご夫妻と、火鍋店「天外天」へ。(画像無くすみません…)火鍋初体験というお2人に楽しんでいただきたい!と決めたお店です。(その時のハッスルはこちらへ
次の日にご帰国だったboneoriさんご夫妻。最後の晩餐にご一緒いただき、ありがとうございました!

その後、雨のざんざん降りしきる中、ワタシ達はマッサージの長谷健康會館へ。
この日は中秋節だったのでした。台湾の中秋節といえばBBQでお月見なのですが…このお天気でもやってるんですよー。道端で!店の軒先で!驚きです。たしかに準備してたら食べたいですよね、お肉!やっぱり。

P1-5.JPG
P1-6.JPG
相方の本日の夜食はコンビニで調達の肉髭巻でした。(すみません、こんなんで。)
肉髭もゴハンも、あ、甘いのね…。
P1-4.JPG
ホテルのフルーツ、台風の影響かトマトが…これは初めてです。


つづきますー
nice!(0)  コメント(18) 

台湾旅行記 2008.9 台北[ハイアットで朝食を] [台湾旅行記 2008⑤]

こんにちは!
昨日の昼間は東京でも雪が降りましたね。すぐに止んでしまいましたが。
本日はいいお天気!先週の雨つづきでたまって気が重かった洗濯もでき、すっきりー。
ベランダからかすかーに見える雪を頂く富士山がキレイです。

台湾旅行記 2008.9 台北[ハイアットで朝食を]

この日、台風でなければboneoriさんと土城にある牛軋糖博物館へでも行ってみようか!などと予定を立てておりました。…もちろん中止。
朝食も阜杭豆漿へ!と思っていたのに、なんとまさかの中秋節でお休み…。
ならばやはり観光客を裏切らないホテルでしょう!ということでboneoriさんとご一緒に「君悦大飯店 グランド ハイアットの朝食」へ来てみました。

P1-1.JPG
広々とした会場で気分も高揚です。秋を感じさせる(この頃…)カボチャのディスプレイが良いですね。これは食べられない…。
P1-2.JPG
気持ちの良い、明るい窓際の席をいただきました。なんかますますイイ。
P1-4.JPG
パンの種類もとてもたくさんでうれしいところ。ワッフルも焼きたてです。(この他のエンジョイはこちらで
P1-3.JPG
何度でもその場で焼いてくれるという…魅力に勝てませんよね。
P1-12.JPG
フレンチトーストも。メープルシロップとバターの香りが最高に幸せ。バターはテーブルにセットされていてたっぷりと使えます。
P1-11.JPG
蜂蜜も豪快に。この時、子供が受け皿のスプーンでせっかく落ちてきた蜂蜜を、また巣にかけ戻したりしてあそんでました。お、おもしろい。

朝からおなかいっぱい!満たされましたーーー。
ちょうど雨も小康状態、ぶらぶら最寄り駅まで散歩がてら歩きます。
P1-5.JPG
銅のロボットのようなオブジェが気に入って体勢をねじまげて写メを撮る相方…。
P1-6.JPG
こんなベンチもあります。この日は雨に濡れて座るには冷たそうですね。
P1-7.JPG
あ、先客。どうぞごゆっくり。

この後は西門へ行かれるというboneoriさん、西門は相方が眼鏡を作る店があるのでご一緒させていただきました。
ここでいったん解散です。ありがとうございましたー!

P1-8.JPG
西門 成都路の天后宮です。
P1-9.JPG
なんのお店???ズラリと並ぶ食材はお供えでした。この後は調理して食べるんですよね。

相方は2年前に作った眼鏡店で再度作りました。以前のカルテがあるはず、と探してましたが没有。
日本人旅行者だからかな。レンズの調整で出来上がるのは明日です。
P1-10.JPG
雨も相変わらず降ってます。蜂大珈琲で一休み。眼鏡が作れ、目的達成でホクホクの相方。
これからどこへ行きますかー。

つづきますー
nice!(0)  コメント(16) 

台湾旅行記 2008.9 台北[台風12号] [台湾旅行記 2008⑤]

こんばんは。
本日は台湾旅行記です。去年の9月…てずい分前の事のような。
9月は相方も久々同行です。相方は2年ぶりの台湾で、私も旅行前に「ここへ行こう、この店にも行こう」と、色々と前もってプランを練ったのですが、この台風12号にことごとく阻まれましたー。
今回はその初日です。

台湾旅行記 2008.9 台北[台風12号]

当日心配しつつも…台北に降りられなければ、福岡に降りることを条件に、我等がチャイナエアは飛んでくれ安心いたしました。
到着した桃園も大雨。南方独特の嵐のむぁーっとした風。わー、とにかく着いて良かった良かった…。

まずはホテルへ。今回もTangoHotel-南西です。
部屋もいつもと同じでしたので、窓から部屋の内部から撮ってみました。後姿の相方。
P1-1.JPG
ホテル正面の「新光三越 南西店」も台風のため休業。三越がやってないなんて!到着後第1食目を、と思っていたのにー。三越は正直頼りにしていました。が、事態はそれどころじゃないようで。

とりあえず外へ出てみることに。誰も歩いてないし…。
あ、あれ?気づけばポチポチとカッパを着て歩いている人々が…。なんと、日本人観光客らしき人達が果敢に活動してます。
P1-2.JPG
備えあれば憂いなし。

ホテル並びのディスカウントスーパー「金興發生活館」はかろうじて開いてました。
お、お客さんも結構いるではないですかーと思ったら、こちらの店内のお客さんもほとんど観光客の日本人です。
P1-9.JPGP1-4.JPG
お菓子「いい匂い十分の一番ごまぼう」いい匂いなんだろうな~。それと乾電池。「中国に非ず」、大事なことですね。

本日の夕飯は前日に台湾に到着されたboneoriさんご夫妻と合流です。
私が行きたい!食べたい!と思っていた常青餃子館はやはり、台風のため休んでおりました…泣。
そこで観光客を裏切らない「鼎泰豊」へ行ってみることに。
一応ホテルのフロントから鼎泰豊に電話で確認してもらうと、本店は休業。分店・忠孝店の本日の営業は20:30まで。急がなきゃ!
boneoriさんご夫妻と店で待ち合わせ、無事に鼎泰豊で晩餐です。4名で色々と食べられたのですが、代表して好物の排骨炒飯のショットを。(詳細はこちらで!)
P1-8.JPG

その後は4名でいつもの「新純香」さんでお茶をいただきました。台風でも営業されてるので、日本人観光客がみなさん集っています。
ちょうど訪台中のせきけんさんも来店されていて台風情報など教えていただきました。

中山站でboneoriさんご夫妻、明日帰国(予定)のせきけんさんとお別れ。
P1-5.JPG
その後ホテル至近の夜24時まで営業の「台北牛乳大王」へ。
P1-6.JPG
さすがに閑散とする店内。
P1-7.JPG
相方の第1日目の夜食はドリア。夜食になんでそんなこってり!?「台北牛乳大王」の軽食、私も食べたことなかったんですが、チーズとソースが濃厚!なかなかの美味でした。
これから毎日続く相方の台湾夜食生活。

つづきますー
nice!(0)  コメント(14) 
台湾旅行記 2008⑤ ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。