So-net無料ブログ作成
台湾旅行記 2009③ ブログトップ

台湾旅行記 2009③ 最終回 [台湾旅行記 2009③]

こんばんは
本日は祝日。いやー、寝たおしました。すっきり!
昨日、今日と寒いですねー。寒くなると突然作りたくなるのが豚汁…。
冷蔵庫整理も兼ねて、あれもこれもと具をたくさん用意してしまったので、
いつもの鍋では小さかろうと、日頃しまい込んでた4ℓの圧力鍋が久々に日の目を浴びることに。
案の定すんごい量が出来ました。本日相方は京都出張。誰がいつ食べきるんだ。
1.jpgそうそう!先日「カール」(カレー味)を食べておりましたら出ましたー。
カールおじさん。初めてのことだったので記念に。これ、うれしかったです(笑)
ではでは7月台湾旅行のつづきですー。

台湾旅行記 2009③ 最終回

弾丸3日間の最終回です。ザクザクいきますー。
P1-1.JPG
府中(板橋?)の夜市へ到着。とても賑わってるー。ご近所の老若男女が一堂に会しております。
夜でも暑かった台湾で、この西瓜汁が美味で美味で。旬なだけにこの旅で2度目。
P1-2.JPG
P1-6.JPG
P1-3.JPG
台北の街中の夜市よりもなんだかほんわかしているような、生活感あふれる夜市でした。
夜市の中を通り抜けるバイクの多いこと。危ないわ、うるさいわ。この喧騒がこの夜市の活気にもなっているんですが。
P1-7.JPG
1人だけはみだしてる子。台から落ちないでー。

やはり暑くてムシムシだった夜市。特に何も食べず…(笑)散策終了です。
台北に戻り、boneoriさんご夫妻とお別れ。この旅も大変にお世話になりました!まだまだboneoriさんご夫妻の旅は続きます。これからの道中もお気をつけて!

私は中山からマッサージの「楽天」へ。
入店して靴を履き替えておりますと、ここでミラコーが!!
新しいお客さんが来た、とふと見るとmojaoさんと相方さんが立ってるー!
mojaoさんも楽天の常連さんなので、いつかは合流が?と思っておりましたが、こんなに早く機会が訪れるとは(笑)
帰りにはご一緒させていただいて、林森北路のグロリアプリンス先「頂好」スーパーまでお付き合いただいてしまいました。mojaoさんも明日のご帰国でしたが、私は朝便。空港でのミラコーはなし…。

で、帰国です。
早いなー、3日間。まして朝便。6:30にホテルを出発。
搭乗時もぼーっとしておりましたら、目の覚めるのようなことが!!
P1-8.JPG
アップグレードされましたー。搭乗でチケットを通そうとしたら「ブー」みたいな音。すると私の席番を手書きで修正。チャイナエアにこれまで何回と乗り、ラッキーにお席が広くなることはあってもビジネスへは今回初めて。わー、これはうれしい!!
このグラスもシャンパンだったらカッコいいんですが、私はアップルジュースで~。
P1-11.JPG
P1-9.JPG
食事はなぜか和食を選択。たぶんメインで決めたような気が。和食は鶏の牛蒡巻き。
チャイナエアでお茶碗でご飯をいただくとは…。チャイナエアのパンを(好き)乗ったら食べたい気もして、しかし、もらうのもなんだしなぁと葛藤。やめましたが。
搭乗中はさすがに快適。これはもっと乗っていられる!と思いました(笑)

成田へ到着。
なぜこの日、朝便だったのか。
P1-10.JPG
「DREAM.10」さいたまスーパーアリーナへ直行した私でありました。
これで7月弾丸台湾旅行記は終了ですー。
最後まで読んでいただいてありがとうございました!
次回は8月台湾旅行記(汗)です。またしても。
nice!(0)  コメント(16) 

台湾旅行記 2009③ 李掌櫃 [台湾旅行記 2009③]

こんばんはー
本日から11月突入。いよいよ今年もあと2ヶ月。
早いですねー。
先週は毎日毎日毎日、連日残業。
金曜は修斗10年ぶりの開催「VTJ'09」にも行けない有様には涙。
ルミナが、五味が観たかった。大晦日の魔裟斗戦が実現するように願います。是非観たい。
そんな年末に向けて忙しくなってきました。もっと頑張らないと。
昨日の土曜は台湾好きの皆さまと船橋「慶龍」にて楽しいひと時を過ごしてきました。
幹事のすとれっちさんはとちさん&もっちんboneoriさん&ダンナサマmojaioさん、そして楓嬢と私の8名で秋の食宴。(現地から生レポ、よ~さんも)ご参加の皆さん、今回もありがとうございました。
01-1.jpg慶龍の春巻、今回が初めて。美味です。外パリッ、中には野菜がたっぷりなアツアツの餡がーーー。実際こういうの家ではなかなか…。
ではでは今回も7月台湾旅行記のつづきですー。

台湾旅行記 2009③ 李掌櫃

九[イ+分]→基港→台鉄にて台北へ戻りました。
ここでboneoriさんご夫妻とお夕食の約束をして一旦解散です。
さて、どこでぶらぶらしよ…。
明朝の便で帰国の私は今回特に予定も入れず、買い物もする気も起こらず。
ここはやはり「新純香」さんで一休みさせていただこう(汗)
この日は日本では土用の丑の日。
昼間、王さんから「今日は日本人、鰻食べる日よー。」と私の分も買っておこうか?と連絡が。王さんも王さんのお母さんも鰻、大好き。
あいにく予定もあり辞退させていただいたのですが、それ以前に鰻が苦手な私…あの皮部分が(涙)タレご飯はとーても好きなのに…まったく勿体ない話しです。
話しがそれましたが、この日中山の有名鰻店「肥前屋」では昼過ぎには完売。王さんのお母さんは近所の日本料理店にて無事に鰻を手に入れておりました。
P1-1.JPG
で、芒果布丁(マンゴープリン)をお土産にいただく。
喜師傳果子工坊。人気のお菓子店のようです。本店は雲林縣斗六市で、台北では新光三越信義新天地に入っているとのこと。2種類いただいたのですが、マンゴーの果肉ごろごろのと通常の…(記憶があいまいですみません)果肉ごろごろの方は賞味期限も短い。かなり甘さが強い気がしましたが、マンゴープリンを普段食べ慣れてないのであれくらいが普通?
P1-2.JPGP1-6.JPG
喜師傳果子工坊の人気ケーキの千層蛋糕(ミルフィーユ)。プレーン、ティラミス、チョコ、チーズ、杏仁などなどたくさんの種類があるようです。私がいただいたのはプレーン。美味しかった!中国茶にも合いました。王さんのご主人が中山市場で購入して来てくれた愛文マンゴーも。まるまると食べ頃!感謝です。

おやつをさんざんいただいてしまいながらもお夕飯の時間です。
boneoriさんご夫妻と再度合流しお店へ向かいます。
P1-3.JPG
李掌櫃
boneoriさんが気になってたお店。場所はホテル「西華飯店」の裏手。この界隈も食事処やカフェが結構ありますよね。ここ李掌櫃は気軽に麺などが楽しめるお店です。
P1-4.JPG
紅油抄手。大好物。辛いタレとつるるんなワンタンがホントに美味しいです。食べだすとまた食べたくなり8月にも別の店で食べました。これも日本で気軽に食べられたら。
P1-5.JPG
スープ無しの乾伴麺がメインのお店のようです。私の麺…何だっけかな…これ。辛いのを選んだ気もするんですが。鶏やキュウリがのってさっぱりしてます。麺は細くて色白のツルツル麺。幅広麺も好きですがこういう麺も大好き。美味でした。
お店を出ると至近に李掌櫃の火鍋店もあります。おー、ここも機会があったら来てみよう。

さてこの後は?とりあえずMRTに乗って移動しますー。


◆李掌櫃
住所 台北市民生東路3段113巷11號
TEL 02-2717-2117
営業時間 11:00-21:00

つづきますー
nice!(1)  コメント(18) 

台湾旅行記 2009③ 九イ分② [台湾旅行記 2009③]

こんばんはー
秋本番、食欲もりもりです。
新米、おイモと頂き物が美味すぎて。身体的には冬ごもりの準備に入った様子です。
相方はまたしても風邪。
熱も高かったしこの時期ですので「インフルなのでは!?」と、すぐに病院へ。
診察の結果はインフルで無いようなのですが…判別出来るのかな。
次の日には熱も下がったので一応安心はしたのですが、
またしても私にうつってないだろうな…。
今回も7月の台湾旅行記のつづきですー。

台湾旅行記 2009③ 九イ分②

前回につづきまして九[イ+分]を散策中です。
boneoriさんの旦那サマが足を止めたのがこれ。
P1-2.JPG
ホタテ干貝入りイカ団子。1個いただきますー。揚げたて、アツアツ、プリプリ。
P1-1.JPG
九[イ+分]の名物、芋圓。たくさんのお店が自家製の芋圓を売ってます。
次回は購入してみようかな。日本のお汁粉に入れても美味しいですよね、きっと。

そう、芋圓食べなきゃ!芋圓!
P1-3.JPG
P1-4.JPG
賴阿婆芋圓へ。めちゃめちゃに混んでました。結構どこのお店もいっぱいだったのですが、群を抜いて人が集まっておりました。
P1-5.JPG
P1-6.JPG
綜合口味(ミックス)35元。芋圓(タロイモ)、地瓜圓(サツマイモ)、緑茶圓(緑茶)、山芋圓と4種類の団子と緑豆などのお豆入り。お客さんが絶えないためか茹で上げが少々早かったも。粗い氷と豆が共に懐かしいような味。モチモチの芋圓。この写真見たら食べたくなってしまいました…。座れるスペースは無さそうでしたので私達はお店の前で立食です。

P1-7.JPGP1-9.JPG
映画「非常城市」の風景。ロケに使用された九[イ+分]でも老舗茶館 小上海茶飯館は茶館になる前は元映画館 昇平戯院(右の写真)の従業員寮であったそう。その昔は金鉱のゴールドラッシュで映画館があったほど栄えていたのですよね。金鉱が閉じ、閑散としてしまった九[イ+分]は現在観光地として連日賑やかです。

P1-10.JPG
私が最初に訪れたのはほんの10年くらい前。この先の金爪石の黄金博物館もまだ建設前で、日本の黄金神社詣でに行ったのですが神社跡も殊更さびしい心象でした。現在はこちらも変わっていると思いますが。九[イ+分]もガイドブックにほんの小さく載っているだけ。台北のホテルの人に行き方を聞いても全く知られていませんでした。その時はちょうど居合わせた日本人観光客の方に教えていただき助かりました(笑)
今後も来る事もあるかと思う九[イ+分]、次回いつかは分かりませんがまた変わっているかもしれませんよね。
今回はあまりの人の多さにゆっくりお茶もせず帰る私たちなのでしたー。


◆賴阿婆芋圓
住所 台北縣瑞芳鎮基山街147號
TEL 02-246-7132
営業時間 9:00-18:00
定休日 無休

つづきますー
nice!(1)  コメント(8) 

台湾旅行記 2009③ 九イ分① [台湾旅行記 2009③]

こんばんはー。
昨日は台湾好きが集まり、韓国料理店「オムニ食堂」へ。
ご参加のせきけんさん、ちこ作さん、たたのままさん、楓嬢、アサミちゃん、イッシー(勝手に)、ヨッシー、ありがとうございました。聞けば皆さん、年末年始は渡航されるご予定なんですねー。
台北101の花火やカウントダウン、毎年いいなぁと思いますが…今年の年末も日本です。
台湾TODAY

「台湾TODAY」本日近所の書店で購入してみました。先日発売された「台北 安くておいしい136店」と同じTaipei Walker全面協力とあって雑誌記事で紹介されているお店が同じく数多く載ってます。ガイドブックでもある情報誌。「台湾新開店」特集、新しくオープンしたお店の情報はさすがにTaipei Walkerですね。次回発売は2010.1月下旬となっております。季刊だろか?
長くなりましたが、台湾旅行記の続きですー。

台湾旅行記 2009③ 九イ分①

P1-1.JPG
弾丸2日目。前日の揚げ物祭りもお腹に残っており、ホテルでの朝食はこんな感じ。蛋餅、フルーツ。なーんか暗い写真です。ここの朝食場の印象もあまり無い…。帰国が朝便でしたので台北での朝食はこの1食のみ。なんとも残念。

そして昼食までざざっといきます。
P1-2.JPG
えーい、またここかい。鼎泰豊 忠孝店へ。ここでboneoriさんご夫妻と合流です。
P1-3.JPGP1-4.JPG
小籠包、蝦炒飯。毎度の画像。この他、空心菜炒め、排骨麺などを。思えば去年の台風(9月)にもboneoriさんご夫妻とここで食事したのでした。

その後ぶらっと、九[イ+分]へ向かいました。
P1-5.JPG
まずは台鉄で瑞芳まで。台北駅から自強号で45分ほどで到着。ここからバスに乗換えます。
P1-7.JPG
P1-6.JPG
瑞芳駅向かいの街並み。たくさん屋台が出ていて賑やかなところですねー。

バスを基山街の入り口で下車。雨の多い九[イ+分]ですが、天気もまずまずでよかった。
P1-9.JPG
ここから九[イ+分]の目抜き通りに突入です。
P1-8.JPG
訪れるのは5年振りくらいでしたが、驚き!なんと観光客の多いことかー。すごいんですね、人気。以前はもっとさびれた雰囲気だったような…。台湾の人、韓国人、日本人観光客が大挙して訪れてます。この日は週末でしたので、とにかくたくさんの人。せまい通りはびっしり。皆、お店を覗きながらの牛歩。なかなか前には進めず。
P1-10.JPG
人出の熱気と湿気もむんむんー。この冷たくて甘い西瓜汁が美味でした。
まだまだ散策はつづきますー。

◆鼎泰豊 忠孝店
住所 台北市忠孝東路四段218號1F
  (MRT忠孝敦化駅から徒歩約5分)
TEL 02-2721-7890
営業時間 平日10:30-22:00
     土日10:00-22:00

つづきますー
nice!(1)  コメント(14) 

台湾旅行記 2009③ 師大夜市の揚げ物祭り  [台湾旅行記 2009③]

こんばんはー。
このところ更新が非常に滞っております。
先日の連休は、ほぼ1年前にマイレージで押さえていた台湾へ。今回は少々迷ったのですが。
ちょっと旅前に無理をしてしまいました。体力0。
せっかく台湾でマッサージを受けたのに、連休明けの2日間ですでに背中はばりばりに。
まあ自業自得ですねーー。本日は2度寝して充電、元気出ました。
今回も台湾旅行記の続きです。

台湾旅行記 2009③ 師大夜市の揚げ物祭り

師大夜市へ。
途中、boneoriさんのご主人が一足先にホテルへ。boneoriさんと2人行動です。
週末だからか人、ものすごい多い!
食べ物のお店も多いのですが、洋服や靴、アクセサリー店が目立ち、やはり学生の街の夜市。

P1-4.JPG
黒白(BLACK&WHITE)
boneoriさんが気になっていたスイーツのお店へ。
P1-5.JPG
黒白豆花 白い豆花と黒胡麻糊の陰陽模様。店名にちなんでますね。
黒胡麻糊が濃厚で好み。豆花が冷たくて、黒胡麻糊はほのかに温かい。アツアツか冷たいか、どちらかの方がもっと美味しいかと思うんだけども。

甘いものを食べたあとは揚げ物屋さんに到着。
P1-1.JPG
ここがまたすごいお客さんで一杯、とても人気店でした。
P1-2.JPG
たくさんの具材満載!お肉、団子系、野菜…こ、これは目移り。どれも食べたいー。各自小さいザルをもらい、好きな具材を選んでお店の方に渡す注文方式なので、欲張って選び過ぎ。
P1-3.JPG
boneoriさんのホテルで揚げ物祭り開催です。
選んだのはポテト、インゲン、カリフラワー、花枝(イカ)団子などなど。
ここの魔法の粉にはたっぷりのニンニクが入っているのが人気の秘訣。ぷはー。

boneoriさんのホテルから自分のホテルへ徒歩で(10分位)戻ったのですが、道が暗すぎて
ホテルがどこに建っているか分からず、かなり迷った私。
台北第1日目が終了ですー。

あ!ここで遡りますが、北京ダックの前に早めに到着したboneoriさんと私。お互いに行きたかったお菓子店が一致。いそいそと行ってみたのでした。
P1-8.JPG
雪花斎 台中(豊原市)が本店のお店です。
P1-7.JPGP1-6-2.JPG
鳳梨酥、緑豆酥、老婆餅。老婆餅の中は飴状に少々固まって硬めな食感。甘さは控えめ。
P1-9.JPG
吉軒茶語 お茶屋さんですが、ここでは茶梅ばかり購入してしまっております。
P1-6.JPG
花醸茶梅 ジャスミン茶の香りがとても良い。独特で上品な香りです。梅の実は少々小さめ。これを食べだすと止まらなくなるという…。

◆黒白
住所 台北市龍泉街17號
TEL 02-8369-1748
◆雪花斎
住所 台北市南京東路166號
TEL 02-2579-0439
◆吉軒茶語
住所 台北市長春路474號
TEL 02-2717-0202
営業時間 10:00~21:00
定休日 日曜日

つづきますー
nice!(1)  コメント(14) 

台湾旅行記 2009③ 台北で北京ダックですよ [台湾旅行記 2009③]

こんばんはー
久々の更新となってしまいました。このところバタバタ、バタバタバタの毎日。
なんと、すでに9月も半ば。早いですよねー。
今年も残すところ3ヶ月…。
本日もまだまだ暑かった台湾旅行記のつづきですー。

台湾旅行記 2009③ 台北で北京ダックですよ

第1日目の台北での夕食は北京ダックー。
同じく台湾旅行中のみなさま、はとちさん&もっちんご夫妻boneoriさんご夫妻mojaoさん&相方さん、そしてワタシの7名で会食です。はとちさん、お店の予約をありがとうございました!
P1-3.JPG
北平 陶然亭餐廳
お店はMRT木柵線・南京東路站から徒歩2分ととても駅近です。
店内はとても広いー!大きな円卓がたくさん。お客さんもたくさんです。円卓で7名…いいですね!
P1-4.JPGP1-5.JPG
松柏長青(白菜の中華風サラダ)北京ダックを注文するとサービスされるという前菜。香菜がたっぷり。白菜がシャキシャキで美味でした。そして中華の前菜らしく、くらげ。
P1-7.JPGP1-8.JPG
で、いよいよ主役がテーブル横づけで登場。わー!一斉に沸くテーブル。
北京ダックは、「三吃」という三通りの食べ方で食べるのが通常だそう。(一吃→ネギやテンメンジャンと一緒に「餅」に包むもの。二吃→ダックのお肉。三吃→ダックの骨スープ。)
ダックは鮮やかにみるみるカットされていくー。
P1-9.JPG
壮観!!あっという間に捌かれました。ここで一旦、退場するダック。
あとはネギを甘いタレと共に巻いて!巻いて!って…写真が無いんですが。
あれっ!?うそ。肝心の美味しい写真が無いなんて。手がタレまみれだったとか…。
P1-10.JPG
2ℓはあろうかと思われるほどの大量の骨スープ。容器になみなみ。まけまけいっぱい。
P1-11.JPG
ダックのミンチをレタスに包んで食べる、これはこちらのお店独特の八吃めのお料理。はとちさんのご主人、熱望の1品。
P1-6.JPG
ワタシ的にとても美味しかったのが、陶然鍋餅(陶然特製 焼餃子)。ニラと葱がたっぷりで、皮の部分にはたっぷりのゴマ。焼けたアツアツのゴマが香ばしいー。
P1-12.JPG
スイカのデザートで締め。
北京ダック、大勢の会食にぴったりのメニューです。
(合計2,222元!!7名で、ですよー!)
とても楽しく、美味しいひと時でした!
ご一緒させていただいた皆さま、台北で大勢でこんにちは!、またやりましょう。
で、この後は…さすがに皆さん台湾通。皆、行きたい場所が個々に…(笑)
というわけでお店の前にて解散。皆さん、この先の道中も楽しく、美味しくありますように。

私はboneoriさんご夫妻と師大方面へと向かいまーす。

◆北平 陶然亭餐廳
住所 台北市復興北路86号2F
TEL 02-2778-7805〜7
営業時間 11:00〜14:00、17:00〜21:00
(日本語メニューございます!)

つづきますー
nice!(0)  コメント(12) 

台湾旅行記 2009③ 豪香熱炒→臺一牛奶大王 [台湾旅行記 2009③]

こんばんはー。
本日は選挙でしたね。TVで開票速報観ておりましたが、自民の大大敗。これほどとは。
この一夜にして体制は変わりますね。
出来ないことをやってほしいとは思いません。ただ生きる活力が持てるような。少しでも奪うようなこれまでの政治でなくなってほしいという思いです。
今回も台湾旅行記のつづきですー。

台湾旅行記 2009③ 豪香熱炒→臺一牛奶大王

さて台湾に着き、第1食目…の、その前に!今回の目的のお買い物へ。
ホテルから1番近い、RIMOWA仁愛分店にて新しい旅の相棒を見つけてきました。
以前の物より一回り大きい…。DXと表記があるので多分バージョンアップしてるのね。マツコみたい。
店内に入るとお茶など入れてくれ「じっくり検討してね」。色々細かいところまで説明してくれる姿勢も好印象。ただ英語です…理解力が無くて申し訳ない。
台湾限定色、ネイビーを「これがいい。」と言ってみたところ「台湾で(展示品)これ1つ。時間が1ヶ月かかります。」との事で在庫のある黒にて決定。品はホテルへ届けてもらえるので手ぶらで帰れます。

P1-5.JPG
※載せてみました (後のせですみません。新しい相棒、マツコです。ちがいます、黒豹です。これもちがいます。普通にSALSA DXです。この写真はただの黒い何かですよね。大きさも伝わらないかもとダンベル置いてみました。6kgの。全然伝わりませんねー。)

ちょうど店を出ると、同じくさきほど台北に到着したboneoriさんご夫妻からご連絡あり。
同じ大安エリアのホテルのお2人と早速合流、お昼食べましょうー!

P1-1.JPG
豪香熱炒 無事合流後、公館へ移動。
boneoriさんに連れてきていただきました。おお、お初。
お店へ着いたのが2:30頃…お昼の営業がお終いの雰囲気でしたが、私達の姿に「入って!入って!」と。
P1-2.JPG
什錦炒麺、イカの炒め物を注文。boneoriさんのダンナサマと分け合う。(boneoriさんは別注文品アリ)台湾の炒麺。麺はやわやわで具もダシスープもたっぷり。醤油の味かほんのり甘め。好きな味。

食事がすんだら、スイーツですよねぇ。
ここ公館とくれば、あそこですかねぇ。

P1-3.JPG
臺一牛奶大王
台湾大学の向かい。創業45年以上、長年学生に愛され続けている老舗店。
前回訪れてからちょうど1年。その時は夜だったのですが、今回は週末のおやつタイム。もう、すんごい混んでます!2階席に上がりましたが、ここもお客さんが満載。
P1-4.JPG
芒果牛乳冰
マンゴーがとにかく美味でした!マンゴーの旬だけあります。とろける柔らかさ。練乳とマンゴー、最高に美味ですね。かき氷の氷はなんとなくザリザリ感が若干感じられてしまい…あれっ、前回こんなだっけかな?と。でも今年初に食べた本格マンゴーは大満足の味。
しかし暑ーい台北。この後はお互いにいったんホテルに戻り休憩ですー。

◆豪香熱炒(台大店)
住所 台北市大安區羅斯福路三段333巷7號
TEL 02‐2362‐5977
営業時間 11:00-14:30 17:00-10:30
◆臺一牛奶大王
住所 台北市新生南路3段82號
TEL 02-2362-3172
営業時間 10:30-24:00

つづきますー
nice!(0)  コメント(22) 

台湾旅行記 2009③ 福容大飯店 [台湾旅行記 2009③]

P1-1.JPG
こんばんはー。
台北街歩きには欠かせない「歩く台北」2009~2010版、出てました。
2008~2009年版が発売されてから、ちょうど1年。早いですね~、1年…。
巻頭特集は「金山・烏来 日帰り温泉紀行」、「高雄 愛河クルーズと港の夜市」。
台北でのお店の紹介、前年版は303店でしたが今回のは308店。
増えた数は若干ですが、NEW印のお店がかなりあります。
夜などに読むとはなしに眺めていると相方に「また地図見てる」とつっこまれるんですが、
ただの地図ではないですもんねー。
また次回の旅までの楽しみが出来ました。
あと「ポップ★トリップ香港」というガイド本もついつい。ポップな色彩の写真も満載。香港、行ける予定は無いけど、またいつか!のために~。

台湾旅行記 2009③ 福容大飯店

7月の連休3日間の連休旅。弾丸。帰りなんて朝便です。
今回は同じく台湾旅行中のお仲間も多かったので会食あり、合流あり。私の日程なんてあっと言う間。
なので今回の旅行記も今まで以上にザクッと終了してしまう予定ですね…これは。
初回はお初のホテルをご紹介ですー。
今回はちょっと気分を替えてみようと今まで未体験のホテルにしてみました。
P1-2.JPG
福容大飯店 Fullon Hotel Taipei
こちらはMRT忠孝新生と大安、どちらからも徒歩15分以上と観光客には過酷な立地です。
目の前には建国北路、ここは週末は花市・玉市が開催です。
ホテル周辺は夜、とても暗く静か。徒歩でホテルに帰るのはちょっと怖い。(このエリアに慣れてない私はホテルがどこに建っているかわからなくなり迷子に。)
そんな立地ですが、ホテル自体は申し分なし!とても満足です。
利用してみたいホテルがもう1つあったので、さんざん悩んだりしたわけですが予約時のメールでのやりとりで決定。対応の迅速さとこちらの希望に添った対応を丁寧にいただき、感激。
実際利用時も、スタッフの方々は本当に皆さん感じが良く、親切でした。
P1-3.JPG
P1-5.JPG
P1-4.JPG
部屋は明るく広々、暖かみのある雰囲気。バスルームも窓あり。シャワーブースは横にあり、バスルームが広めだからか頭上に赤いランプが。遠赤外線で暖め、湯冷めをしないようという配慮らしいです。
P1-6.JPG
私が利用したレディースフロアのアメニティはETRO。おおー。こういうのもうれしいですね。
P1-7.JPG
他の設備も充分に。火災時を想定した煙避け袋?初めて見た。これ、広げてみなかったのが悔やまれます。置いてきちゃったし。

今回の福容大飯店、すごく気に入りました。滞在は短いですが楽しめそう。
ウエルカムフルーツ、撮りもれてますがありました。バナナしか覚えてない…まるまるとしてて美味しそうでした。
まずはバナナを食べて!昼食へでかけますー。

つづきますー
nice!(0)  コメント(14) 
台湾旅行記 2009③ ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。