So-net無料ブログ作成
台湾旅行記 2009④ ブログトップ

台湾旅行記 2009④ 最終回 勺勺客→紫藤廬 [台湾旅行記 2009④]

新年明けましておめでとうございます

2010年のスタートです…こんなに遅くてすみません。
本年もまたよろしくお願いいたします!

昨年末は恒例のさいたまスーパーアリーナへ。
今年も長い長い1日でした。まして開場時間を1時間間違えてさらに早く到着してしまった。
全17試合、15時~22時過ぎ終了までよく頑張った。私。
その後は新宿「小肥羊」にて年越しの火鍋。
家に帰ったのは明け方。相方はまだ戻っておりませんでした。
ここ何年も揃って年越しのおそばを食べてない…ていうか1度も一緒に年越ししてない?
でも、また今年の大晦日も変わらずだといいなぁ。
ではでは今回も年を跨いでの8月台湾旅行記、最終回です。

台湾旅行記 2009④ 最終回 勺勺客→紫藤廬

P1-3.JPG
勺勺客へ。こちらは粉物やスパイスが効いた羊料理などの中国・陝西省(西安のある所)料理のお店。本日は台湾好きの皆さまとの会食です。私は空港でばったりした肉圓さんにお声掛けをいただき飛び入りで参加させていただきました。肉圓さんせきけんさん(とご友人)、讃岐おばさんねえやんさんご一行様、フミさんご一行様、総勢9名の賑やかな円卓。
(数々の料理の名前は全て肉圓さんのHPをマネさせていただいております)
P1-5.JPGP1-4.JPG
酸嗆土豆絲 ジャガイモのシャキシャキ炒め物。これ、好き。日本のお店で食べるのよりおイモが色白な気がする。
新疆香酥羊串 羊が苦手な私も食べられる!スパイスも効いて香ばしいー。
P1-6.JPGP1-7.JPG
龍穿鳳翼 鶏の手羽で野菜を巻いて揚げてあります。1つが私の拳くらい大きい。これ…これだけのインパクトなのに食べた記憶を無くしております。
涼拌野蔬 檳榔の花。しゃくしゃくとした食感が美味です。
P1-8.JPGP1-9.JPG
風酥雞 叩いた葱と一緒に揚げられてます。衣がさっくさく。この鶏、美味しかったなぁ。
嗆肉高麗 これはキャベツの炒め物。
P1-10.JPGP1-11.JPG
泡饃 これ、初体験です。小麦粉と塩を練って円くしたもの、これを出来るだけ細かく千切ります。予想以上に硬くて、弾力がある餅のような感触。細かく千切る作業、根気が要りますね。でも楽しい!これは性格も出るー。
P1-12.JPGP1-13.JPG
葫蘆頭鮮湯底と燒羊肉鮮湯底
先程の千切ったものにスープを注いだものです。なんだろう???麺の一種のような、すいとんの細かい版のような。西安では定番料理らしいです。珍しいものが食べられました!
P1-14.JPGP1-15.JPG
雙紅湯底 これも泡饃。今回は大人数でしたので3種類(羊・豚・牛)のスープで味わうことが出来ました。こちらはぶるんぶるんの鴨血入り。泡饃を小さく細かくすることによって、淡いスープにも濃いスープにも合うんですね。
蒙古炸奶豆腐 これはデザート?羊の乳の湯葉揚げかな???とても珍しい。予約必須の一品。

P1-16.JPG
楽しい宴の後、せきけんさんとご友人、肉圓さんの4名で茶藝館の紫藤廬へ。本格的にお茶を入れていただきました。せきけんさんに。有名店だけにガイドさんと一緒の日本人観光客も。夜の台北、色んな楽しみ方がありますね。
この後はマッサージの楽天へ。皆、並んで足裏を施術されたのが良い思い出(笑)
最後の夜、今回も最後まで楽しみましたー。
P1-17.JPG
締めくくりは台湾のおイモで。
このお楽しみのため、搭乗時間ギリギリなのにチャイナエア ラウンジへ猛ダッシュ。
今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました。
次回も…またもや台湾旅行記ですー。

◆勺勺客 陝西餐館
住所 台北市仁愛路二段41巷15號
TEL 02-2351-7148
定休日 月曜日
営業時間 11:30-14:30 17:30-22:00
HP:http://www.shaoshaoke.com
◆紫藤廬
住所 台北市新生南路三段16巷1號
アクセス MRT台電大楼駅から徒歩約15分(タクシー推奨)
TEL 02-2363-7375 02-2363-9459
営業時間 10:00-23:00
定休日 旧正月(大晦日~1/3)
nice!(1)  コメント(14) 

台湾旅行記 2009④ 永久號→古早味豆花→台北之家 [台湾旅行記 2009④]

こんばんは。
またも久しぶりの更新です。すでに今年も残すところ後4日。
先日のクリスマスイブも残業でケーキも無し。やはりケーキくらい食べないと何か気分的にやり残した感が…。そしてこの週末ですでに気分は年末モード。年末恒例の特番とか観つつ、少々掃除して鏡餅も購入。師走なのねー。
明日の本年最後の出勤、行くの?本当に?あー、最後の一日が気が重い。
今回も8月台湾旅行記の続きですー。

台湾旅行記 2009④ 永久號→古早味豆花→台北之家

迪化街へ。ホテルからは徒歩で20分ほどですが、この時はさすがに暑過ぎて汗だく。
P1-1.JPG
永楽市場へ。
P1-2.JPG
永久號 創業100年以上という老店のからすみ専門店。今回はからすみ目当てではなく、
P1-10.JPG
フカヒレのスープ。大きなフカヒレが入るものとスープだけの販売しています。(フカヒレは1200元、スープのみ300元)お店の老板は日本語で「(フカヒレの)下に白菜を敷くといいよ!」と。「白菜ね!白菜!」と何度も言われる。ふーむ、白菜を下にね。
この旅は相方が私の誕生日にプレゼントしてくれたので、私も気を使ってこれくらいはお土産にと。
しかし未だ我が家のフリーザーにあるんですね、これが。せっかく白菜の季節ですから、お正月にでも食べてみよう。

その後やってきたのが
P1-3.JPG
古早味豆花です。豆花でなく、夏でしたのでやはりかき氷ですね。
P1-4.JPG
紅豆牛奶雪花冰。雪花冰はふわっふわのミルク氷です。店内ではなく外帯して急いでタクシーでホテルまで。フタをしていたので見た目は少々押されていますが美味!ここのふっくら小豆と雪花冰、この組み合わせが一番好き。季節柄マンゴーもあったのに小豆の魅力に勝てず。
P1-5.JPG

この後、肉圓さんと合流。お茶でもということになり、ホテルからすぐ近くのMELANGE CAFÉ へ。
が、予想していた通りにさすがにすごい行列…。待ち時間30分以上かも、ということで移動。
P1-6.JPG
台北之家まで来ました。来られた方も多いと思いますが、この「台北之家」は映画監督の侯考賢がプロデュースしている映画がテーマになっている“家”。元はアメリカ大使館邸だそうです。ミニシアター、カフェ、ラウンジバー、雑貨や衣類まで扱うショップなどが入っています。
P1-7.JPG
1階の気分の良い空間のカフェ「珈琲時光」も満員…ということで2階のバー「紅気球」へ。昼間の時間はカフェになっているようです。こちらのお店へは初めて来ました。
P1-8.JPG
こちらは肉圓さんご注文のチーズケーキ。おお、どっしりしてて美味そうー。
P1-9.JPG
私の注文のキッシュ…て、あれっ!?キッシュだったんだー。メニューを見て勝手に甘いタルト的なものを想像して注文したんですがキッシュ…。甘い物が食べたかった…むむむ。無理矢理に肉圓さんのチーズケーキとトレードして頂きました。その節はすみません、肉圓さん。

この台北之家は遅くまで営業していますので夜にぶらりと来るもよし、週末は混み合うので平日にまったりお茶するもよし、映画は観ずとも多目的に使えます。
中山エリアもなかなかカフェが充実しております。ホテルが近いとホテルで一休みしてしまうのですが、(あ、春水堂利用が多いのか…)またのんびり来たい所です。

◆永久號烏魚子專賣店
住所 台北市延平北路2段36巷10號
TEL 02-2555-7581 02-2555-5481
営業時間 8:00~18:00
定休日 年中無休
◆古早味豆花
住所 台北市民生西路210號
TEL 02-2558-1800
営業時間 10:00-2:00
(※寒い日は1:00頃まで)
◆台北之家
住所 台北市中山北路二段18號
TEL 02-2562-5612
営業時間 11:00~23:00(カフェレストラン、ラウンジ)
定休日 年中無休
HP www.spot.org.tw/

つづきますー
nice!(1)  コメント(18) 

台湾旅行記 2009④ 喜之坊乳軋糖→朱記餡餅 [台湾旅行記 2009④]

こんばんは。
あっという間に12月も半ばですね。
先週は超残業の連続で、1日のうち会社に一体何時間居るんだ。
同僚と別れる時の挨拶が「また○時間後ねー」こんなんでは社内の皆、ささくれる。荒む。
そんな週末、土曜は台湾会のお仲間と、そして日曜は香港好きの女子忘年会と
とてーも美味しくて楽しいひと時を過ごしました。
お集まりの皆さま、ありがとうございました。
幸せなことだなぁと…しみじみ。
1.jpg日曜 萬盛園での1枚。おいしかった、麻婆豆腐~。
今回も台湾旅行記8月の続きですー。

台湾旅行記 2009④ 喜之坊乳軋糖→朱記餡餅

P1-1.JPG
8月の某日。朝、向かった先はここ。まあああ!!たくさんの人だ。
何のイベントかと申しますと、
P1-2.JPG
飛輪海。この日、信義威秀中庭にて台湾観光局プレミアムイベントの飛輪海のサイン会が開催されました。一応(あくまでも…)飛輪海ファンクラブに籍を置く身。訪台時期にイベントが重なるなんて!これはちょっと参加してみたい、などどいう気を起こして会場まで来てみたわけです。が、サイン会の整理券配布まではあと数時間…すでに並ぶ人人人の輪…すごいわ。ムリ!!この雰囲気にはとても入り込めない。私にはとてもムリだ。さらに外の気温は午前中というのにすでに38.5度!!!暑いとは感じてましたが、これを見てしまいすっかり心の折れた私。会場から撤退。どこがファンなんだ…。

この後、近くの誠品書店へふらふらと吸いこまれました。冷房ガンガンに生き返るー。
気を取り直して買い物へ。すでに飛輪海は遠いなぁ。
P1-3.JPG
乳軋糖を買うべく延吉街の喜之坊へ。百菓園ばりに店前に止まるトラック。
P1-4.JPG
なんとパッケージが!可愛くなくなってるー!なんで?以前のお店のマークが入っただけのシンプルな方が断然良かったのに。
11.jpg
しかし味は変わらず美味しい。ここのヌガーは平たいのが大特徴。ここ以外でこの形状は見たこと無い。薄いので噛み切った感じもソフトです。中にはピーナッツが入っております。それと1袋買うとバラのを1つくれます。これがウレシイ。

一旦ホテルへ戻り、早めの昼食です。
向かいの新光三越 南西店地下へ買出しへ。
P1-5.JPG
朱記餡餅粥店
どんなに外は暑くても熱い牛肉餡餅とここの酸辣湯は食べたい。ニンニクが少々効いた雪菜炒めの小菜も箸が止まらない旨さ。アツアツの餡餅はガブッといくと肉汁が、だーっ。受けながら食べるのがお約束ですがうまく食べられないものです。手を伝う肉汁…。突発的に食べたくなる餡餅。日本でコンビニの肉まん見ると、あー餡餅も売ってくれたらいいのにと。

食べ終えたら、もうひとおでかけ。
買い物もしなければ、スイーツも食べなければー。

◆喜之坊
住所 台北市延吉街137番4號
◆朱記餡餅粥店 南西店
住所 台北市南京西路12號B1
TEL 02-2567-6169

つづきますー
nice!(1)  コメント(12) 

台湾旅行記 2009④ 瓦城→永和樂華観光夜市 [台湾旅行記 2009④]

こんばんはー。
12月に入りますます滝のように日々が流れております。
気づけばもう週末。
ぽかぽか陽気の本日はさすがに掃除せねば。ほんの少々掃除、そして合間にお茶飲み。
リンゴと豆乳たっぷりラテが合う。剥いちゃあ飲み、飲んじゃあ剥いて。
こんな時間がささやかーな幸せ。
今回も8月台湾旅行記のつづきです。

台湾旅行記 2009④ 瓦城→永和樂華観光夜市

P1-14.JPG
Dさんご一家とMRTで頂渓までやって来ました。
本日のお夕飯はここで。
P1-1.JPG
瓦城 泰國料理
泰料理のお店。台湾で泰料理、これもまたヨシ。この「瓦城」は連鎖店で市内にも何軒もあり、定宿Tango Hotel至近の三越(南西店3館)にも入っております。しかし人気店ですね。若い人はもちろん家族連れも多いこと。小さい子供もワシワシ泰料理、たのもしいー。
P1-2.JPGP1-3.JPG
空心菜の炒め物も泰風味。月亮、海老ペーストトースト。カリッとした歯触りと海老の甘さが美味。
P1-4.JPGP1-6.JPG
グリーンカレー、美味!具のインゲンがカレーとマッチ。うまーい。これも辛い。ごはんは香りの良いジャスミン米。銀の容器にたくさん入ってきます。各自好きなだけ盛れるのであきらかに食べ過ぎる模様。
泰料理だけど何故か酢豚。辛いのが苦手でも大丈夫。
P1-5.JPGP1-7.JPG
サラダはレモングラスや香菜が効いてて、味自体がかなり辛い。これは私とYちゃんしか箸が進んでいなかった…。海老と春雨炒め、これも素晴らしくご飯に合うー。
他にトムヤムスープと盛りだくさんの晩餐でした。これは良いお店を知った。中山・三越のお店へも行ってみたいと思います。着いた直後のランチタイムとかいいな、近いし。

お店を出て、満腹で歩くこと2、3分。
P1-9.JPG
永和の夜市へ。とても賑やかで明るい夜市ですね。近辺には眼鏡店がたくさん。Dさんご一家は早速目当ての眼鏡店へ。どのお店も夜市同様に夜遅くまでやってて便利。
P1-10.JPG
この夜市も道幅広く、バイクの通り抜けは覚悟。
P1-11.JPG
夜市入り口の貴金属店のショーケースにねこの寝姿。真夏だけど暑くはないのか?、と思いましたが店内の冷房がキツイのかも…。
P1-13.JPG
これは台中の逢甲夜市のおイモ!boneoriさんのところで拝見して食べてみたかったんだけど、今の満腹ではムリと撮影だけ。
この夜市も近所の方が毎日来ないと1日が終わらない的な活気と温かみのある夜市。雰囲気、いい。
老若男女の皆が飲みながら、食べながら、買い物しながら楽しそう。
この後、散策で喉の渇いた我々は夜市近くの珈琲店でお茶、気づくとすでに11時。
またMRTで戻ります。頂渓、またこの夜市にも遊びに来たい。

P1-12.JPG
やはり締めはマッサージへ。いつもの楽天
しかも楽天2号店の南京店が「老爺商務」(ロイヤル・インホテル)と同じビルの7階にオープン。
この立地が大成功でいつ行っても(週末だけど)満員です。ここはTango Hotelから超至近。
歩いてものの30秒。これはうれしかった!マッサージ後、どんなに乱れてても大丈夫。
楽天のおかげもあり、しばらく定宿の変更は無いでしょうねー。

◆瓦城
住所 台北縣永和市中正路659號
TEL 02-8231-1257
◆楽天
住所 (南京店)台北市南京西路1號7F之5(天廚菜館の上)
TEL 02-2567-5942(南京店)
定休日 水曜・旧正月
営業時間 12:00~深夜0:00

つづきますー   
nice!(1)  コメント(14) 

台湾旅行記 2009④ 六順豆花→鳳梨乾 [台湾旅行記 2009④]

こんばんは
だいぶ更新が滞ってしまっておりました。
先週の連休に台湾へ行ってまいりました。久々に相方との旅。(完全に年1のペースになってきた…)今回のお話はしばらく先ですが、また聞いてやって下さいませ。
連休明けから深夜までの残業生活で体力の限界。昨日12時間は寝て過ごしてしまいました。
あー、本日のスッキリ感。また明日から仕事なのかーー、すでに来週末が待ち遠しいです。
間があいてしまいましたが、台湾旅行記のつづきですー。

台湾旅行記 2009④ 六順豆花→鳳梨乾

昼食の麺を食べ終えてから、いそいそスイーツへ。
P1-1.JPG
六順豆花
こちらも旅々台北を見て気になっていたお店。今回は旅々台北にお世話になりっぱなしだ…。
P1-2.JPG
黒糖のかき氷がお店の一押しでしょうか。近所の方が入ってきては黒糖かき氷を頼んでいました。そういえば8月の暑い日だったー。
P1-3.JPG
漉くってくれる豆花もだいぶ残り少ないような…。
P1-4.JPG
マンゴー豆花
P1-5.JPG
豆漿豆花
マンゴー豆花は私の注文。豆漿豆花は同行のYちゃんの注文でしたが、私も豆漿豆花にすごく惹かれていたので私は「やったー」。Yちゃんはいつも私が迷うものを確実に注文してくれます。好みが似てるので、毎回1度で2度美味しいー。
マンゴー、たくさん乗ってました。豆花は食感がしっかりしてて味も豆の香りが…良いはずですがマンゴーと一緒にジュースもかかっていて、これがとても甘い。そこへお店のご主人が「これマンゴージュース」と言いながら器に追加投入。や、やさしい!ご主人。しかし味がさらに甘い…。すみません、甘いのがそんなに得意じゃなくて…ご主人。
豆漿豆花はさらりとして、豆花とのバランスも良い!粉圓ももちもちで美味しかった。

Yちゃんとはその夜またご一家とご一緒させていただく予定で、それまでいったんお別れです。
朝から平渓線の旅、おつかれさまでしたー!

それから私は永康街へ。
これまで3回振られているあのお店へ…。
P1-6.JPG
店に入るとマダムが私に鳳梨乾を出してきました。覚えていてくれたのか、日本人が多く買い求めているのからなのか。今回はあったー!!これがドライパイン。おお、美味しそう。
P1-7.JPG
紙のように薄ーくスライスされたパイン。1枚1枚噛みしめているとパインの濃い甘酸っぱさが広がります。これは止まりません。3枚くらいいっぺんに口に入れてます。
去年の年末から訪れること4度目。やっとか…。期待通りの美味でした!

◆六順豆花
住所 台北市松山區新東街26巷1-1號
TEL 02-2766-1778
営業時間 13:00-23:30
定休日 冬季は毎月の最終日、夏季は無休
◆清浄母語
住所 台北市大安區金華街253-2號
TEL 02-2394-5111

つづきますー
nice!(1)  コメント(8) 

台湾旅行記 2009④ 平渓線に乗る② [台湾旅行記 2009④]

こんばんはー。
柿がたまらなく美味しいです。やわらか~な実よりもかったい実が好み。
しかし、同僚の多数決は柿はとろけそうな実が美味い派の方が若干多かった。
当然ながら、好みって千差万別ですよね。
今夜も台湾旅行記、ザクザク始めたいと思います!

台湾旅行記 2009④ 平渓線に乗る②

P1-1.JPG
平渓線の最終地点、菁桐駅。小さくて可愛いらしい駅舎は昭和6年に建てられていました。ここで観光客の小団体にまみれる。
P1-2.JPG
お、駅前のお店にアイス!買いましょ、食べましょ。
P1-3.JPG
ここには「蓮子鹹冰棒」なるものが。鹹てことはしょっぱい…。アイスなのに塩。
P1-4.JPG
たしかに…甘しょっぱい…。
P1-5.JPG
風情ある線路沿い。
P1-6.JPG
駅から道なり細い歩道を少々歩きますといきなり拓けた。
温泉商店とあります。市場になっていました。
P1-7.JPG
大きな木と共にある温泉商店。木の下には水が湧いてるのかな???金魚がたくさん。
そこから流れる水で野菜とか洗っているらしい。
P1-8.JPG
かつて炭坑の町として栄えた菁桐。この辺りには炭鉱時代の日本家屋が残っています。日本人観光客もちらほら。つられて歩く、歩く。自然満喫。するとこの菁桐でも足のないねこが…一体どうしてだろう…。そうこう散策しているととてつもなく大きな蜘蛛が!これは台北にもいるのか?写真ナシ。

菁桐から深坑経由の木柵行きのバスが出ており、それに乗って帰ろうとバス停へ。バス停前のお店の小姐に「どこまで?」Yちゃんが「木柵」と答えると小姐はサッと向かいを指差し。見ると、来てる!向かい側のバス停に。小姐に「謝謝!」バスまで走るー。このバス、1時間に1本の運行。危なかった!逃がしてはいけないバスでした。
途中、豆腐の街「深坑」にも立ち寄ろうかと思いましたが、眠気には勝てず。Yちゃんもすやすやー。

P1-10.JPG
バスを降りるとMRT「木柵站」へ。少々遅いお昼へ行ってみようー。
P1-11.JPG
嗎哪精緻麺食
旅々台北で見て、来てみたかったお店。そんなに大きなお店ではないのですが、満席。お昼の時間は少し外れていても、近くで働くOLさんとか、とにかく女性が多数。相席です。これは期待出来そうー。
P1-12.JPG
紅油抄手
また食べてます。ここのつるんとしたワンタンといい、辛いラー油タレといい美味だった…。
P1-13.JPG
鶏絲乾麺
Yちゃんのご注文の品。ザーサイも入り、少々の酸味が効いてさっぱり麺。
P1-14.JPG
牛肉麺
細くツルツルな滑らか麺。かなり好きな食感。そしてやわらかーな牛肉。どかん!とか、がつん!とは違うけど美味しいスープ…飽きない味。麺と合っている。これはまた食べたい!
私達が日本人だったからか、お店のママらしき方がお店の名刺を持ってきた。ん?「嗎哪精緻火鍋」火鍋店もやってるんだー。
私的にとても美味でした。かなり来にくい場所だけど麺が食べたくなったら来てみよう。

さて食事の後は、やはりスイーツへ!
またまた気になっていたお店へいそいそ向かいます。

◆嗎哪精緻麺食
住所 台北市安和路二段74巷4號
TEL 02-2706-4436(MRT大安駅から徒歩約15分)
営業時間 11:30-14:30  17:00-21:00
定休日 日曜日

つづきますー
nice!(1)  コメント(12) 

台湾旅行記 2009④ 平渓線に乗る① [台湾旅行記 2009④]

こんばんはー。
このところ寒く冷たい雨もやっと止みましたね。
明日も予報は晴れ。洗濯するぞー!
なんだか不安定な天気と気温。寒い冬は憂鬱です。あー、台湾行きたい。
今回も8月台湾旅行のつづきです。

台湾旅行記 2009④ 平渓線に乗る①

2日目、ホテルにて朝食です。
P1-1.JPG
なんと。朝食場1番乗り。
この時am7:00。朝から出かけるため、早く朝食を済ませなくては!と来てみたら、だーれもいない。孤独。ごったがえしているのもアレですが、誰もいないというのも…なんかサビシー。

ぶらりと台北から近場へ出かけてみようと。
am8:20 台北駅にてDさんの娘さんYちゃんと待ち合わせ。
平日の電車、混んでます。
P1-2.JPG
着いた先は…あれ?デジャヴ。先月も“瑞芳”の駅にいたよね!?
今回はここからローカル線の平渓線に乗り換え。
P1-3.JPG
電車の中、いい雰囲気です。
P1-4.JPG
十分に到着。結構観光客が降りていきました。
P1-5.JPG
ちょうど電車が入ってきましたよ。この黄色い車体がかわいらしい。
P1-5-1.JPG
P1-5-4.JPG
駅前の線路沿いはお店が。
P1-6.JPG
通りかかった壁。ただ平面に描いただけでなく立体的にとまっているように見える虫や蝶、蛙達が。
ご近所の子供がじっと見てました。毎日見ても見飽きないんだろうな。
P1-7.JPG
虫や蝶の端にこんな表情の人が。日本語で書かれてる。これ、どういう意味だろか?
P1-8.JPG
洗い物をするお母さんのそばに一匹のねこ。この日、この近辺でたくさんのねこを見かけました。このねこもそうだったのですが、足を失くしたねこが何匹も…。事故なのか。
P1-5-2.JPG
P1-5-3.JPG
駅から少し歩くと線路も歩道も隔てる柵は無くなり、線路も歩けます。
P1-9.JPG
この十分で天燈を飛ばすことができます。100元。なのに飛ばしてません!たまたま1軒の天燈のお店に誰もいなかったから(笑)思いっきり開いてたんですが。ちょっとお隣まで、という感じだったのかも。…これも縁ですか。

十分といえば十分瀑布ですが、未だ見学出来ないようで残念でした。
滝の辺りの十分風景区は私人所有の土地と国の土地があるそうで、数十年来その私人所有地の民間会社の管理で入場料を徴収し開放していました。しかし台北県ではここを県定公園にという計画があり…結果、その私人所有の民間会社と揉めて以来1年以上も閉園のまま。

駅から歩くこと20分ほど。
P1-10.JPG
「台湾焙鉱博物館」炭鉱の博物館です。受付が開いてなく誰もいない…。後から知ったんですが週末は人がいますが、平日に訪れる場合は駅などから事前に連絡するようです。行き当たりばったりで行ってしまうとこんな事に。次回は天燈も飛ばして、トロッコにも乗ろう。(いつになるのか)そして台湾のナイアガラ 十分瀑布も見なくては。

P1-11.JPG
これからまた平渓線に乗り菁桐駅まで行きます。
長くなりますのでこの後はまた次回へ…。

つづきますー
nice!(0)  コメント(10) 

台湾旅行記 2009④ 初日は春水堂→太和殿 [台湾旅行記 2009④]

こんばんはー。
暖かな週末です。あっという間にこの1週間も過ぎてしまいました。
気づいたらすでに、街はクリスマスモードに。近くのスーパーではお正月のお飾りまで…!
いくらなんでも気が早いわー。この分ではいつの間にか来年になってそうで怖いー。
今回も遡って(汗)8月台湾旅行記のスタートです。

台湾旅行記 2009④ 初日は春水堂→太和殿

P1-1.JPG
今回も桃園空港で出迎えていただきました台湾観光キャラクター“飛輪海”の4名。
日本のお盆休みというのもあってか、イミグレーションは大行列。何重にも蛇行した列に並ぶ。道のりは遠いなぁ。その時、偶然台湾お仲間の肉圓さんにバッタリ。おおー。こんな所でお会いするとは。利用ホテルのエリアも同じ中山でしたので、そのままタクシーで市内までご一緒に。
P1-2.JPG
ホテルはいつものTango Hotel 南西。やはりここが一番落ち着きます。目の前には中山站。お部屋は狭いけども1人でしたら充分。
荷物を置いたら、空港でバッタリした肉圓さんとランチへ出かけます。

P1-3.JPG
春水堂 南京店
お互いのホテルからとっても至近なので決定。
こちらのパールミルクティーは、何度飲んでも毎回「美味しい!」と言ってしまいます。
黒タピオカのモチモチ感も他のお店とは確実に違いますよね。QQ。
すでに到着されてた肉圓さんは排骨飯を注文済み。
ふぅむ「麺にするか…飯にするか」注文しにレジへ。
P1-4.JPG
鶏腿飯セットにしてみました。今まで春水堂で点心は食べた事がありましたが、食事は初めて。カフェ飯。ここなら女性1人で来ても気軽に食事もゆっくりできますね。
お味ですが鶏はテリヤキに近い甘さと濃さ。添えられたキャベツ炒めと合わせてごはんは進みます。温野菜が別皿に付いていてバランスは良い感じ…とは言え温めはチンかなー。次回、もし食事するなら麺にしてみよう。
P1-5.JPG
ちゃんと小さなデザートも付いてます。冷たいお汁粉。こちらもタピオカ入りで満腹。

食事後には大粒の雨!
2人して近場の新純香さんに避難。しばらくゆっくりさせていただきました。
肉圓さんに2日後のお食事会のお声掛けをしていただき、ここでお別れです。
ではまたー!2日後までお互い元気でー!

お夕飯まで一気にいきます。
今回も台北のDさんご一家とご一緒させていただいております。
新しい火鍋屋さんに行こう!とタクシーへ。
美味しい火鍋屋さんを知り合いの方に聞いてくれたようです。
なんてお店ですか?と聞いてみたところ店名が今ヒトツ不明。
着いてみてのお楽しみですね。
P1-6.JPG
太和殿鴛鴦麻辣鍋
タクシーを降りて、おお!5月にkaniちゃんとEBIさんとご一緒したお店でした。
こちらのお店は3店舗が隣同士にあり、5月に来た時とは別の店に案内されました。
それでも食事時には予約が取れないというのだから驚きです。
P1-8.JPG
P1-7.JPG
食べ放題ではないお店ですが、具材は豊富。最後の締めのうどん(太めの麺だった)までしっかり楽しみました。ここの麻辣スープ、辛いけど美味。お肉も美味です!

次の日は朝早くに出掛ける予定。本日は早く休もうー、ホテルでのんびり。
P1-9.JPG
この時から気に入って飲んでいる文山包種茶。
早く寝なきゃといいつつTVを見入ってしまう。
日本のドラマが「ドクターヘリ」「流星の絆」「ROOKIES」と立て続け。ROOKIESは台湾のタイトルは不良学園。これを観終わると3時過ぎ…あーー。

◆春水堂 南京店
台北市南京東路一段29號
TEL 02-2521-3359
営業時間 8:30-24:00
定休日 旧暦の大晦日の夜

◆太和殿鴛鴦麻辣鍋
台北市信義路四段315號
TEL 02-2705-0909
營業時間 12:00~03:00

つづきますー
nice!(2)  コメント(18) 
台湾旅行記 2009④ ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。