So-net無料ブログ作成
台湾旅行記 2011② ブログトップ

玉井・有間冰舗[台湾旅行記2011②] [台湾旅行記 2011②]

FRaU (フラウ) 2011年 08月号 [雑誌]出ましたね。FRaU 最新8月号は台湾特集。
表紙には大きく、「感謝臺灣 ありがとう、台湾!」
記事には青木由香さんがナビゲートする旅プランも。とても、とても内容が濃いです。ホントにコレ1冊持って行けばOK的な充実度。
別冊付録として目的地まで完全ナビのMAPも付いてるし。
あー!今すぐ行きたくなりました、台湾…。



ではでは、今回も台湾旅行記のつづきですー。

玉井・有間冰舗[台湾旅行記2011②]

マンゴーの里、玉井へやって来ました。
高雄にお住まいのけんこうさんと新幹線駅の台南で落ち合い、(この待ち合わせ、ちょっと感動!)けんこうさんが手配してくれていたタクシーでビューンと50分ほど。

P1-2.JPG

上の写真は普通に道端に生ってるマンゴー。運転手の林さんは日本語が少し出来るのでガイドを兼ねてくれ、マンゴーやパイナップル、龍眼などがこのように生っているのを見つけては教えてくれました。大きくなったマンゴーに触ってみたら、ものすごーく硬かった。
近隣の方のお住まいの敷地内にもマンゴーが。お家の人に大事にされていて、きちんと新聞紙で実がくるんであるました。

やはり玉井に来たら食べないと!マンゴーかき氷!!
有間冰舗というお店へけんこうさんが案内してくれました。

P1-3.JPG

おおー、なんか!すごくいい店構え!老街芒果冰創始店というお店らしい。これは期待も高まる。

P1-4.JPG

芒果無雙ですと!すごい名前だ。天下無雙ですよ!自信まんまん。さらに期待まんまん。

P1-5.JPG

きました、芒果無雙。超大盛り!さすが無雙!写真だと残念ながら盛り感が伝わらないかも…。
もちろんマンゴーたっぷり。マンゴーアイスも2つも乗ってるー。これはサービスかな??
もう夢中で食べました。トッピングされた緑のカリカリマンゴーがまた酸っぱくていいアクセント。
食べても食べてもへらない量だと思っていたけど、へってた。無くなった。おいしかったー!

P1-6.JPGマンゴーかき氷を食べ終わらないうちにお店の人がバナナのアイスをサービスしてくれた。バナナ味とマンゴーがMIX。
ドライバーの林さんもバナナアイスを食べていた。
トッピングのカリカリ情人果も出してくれた。これ、すごく美味しくて気に入る。
お店の人皆、親切ー!!



期待通りのマンゴーかき氷で大満足のあとは青果市場へ。

P1-6.JPG

P1-7.JPG

P1-8.JPG

訪れたのが5月下旬でマンゴー最盛期には早く、まだまだ淋しい感じの市場内。また来られる時があったらいいんだけど…。マンゴーを購入してみたいと思ったけど、少量で販売するお店が無かった。せっかく来たし、と先ほど気に入った緑のマンゴー情人果のみ購入。

またマンゴーの季節に台南まで来たら玉井にも来たい。7月に入れば市場内でかき氷が食べられるそうだし。食べにくる価値がある。
車に乗り込み、この後は林さんに台南市内まで連れて行ってもらいますー。

◆有間冰舗
住所 台南縣玉井鄉中正路152號
TEL 06-5747130

つづきますー
nice!(3)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

阿給→満堂紅→KARADA factory[台湾旅行記2011②] [台湾旅行記 2011②]

あづーーーー
おあつうございます。毎日あづいー。家の中にいても汗がとまりませんー。
ウチのねこと共にだらーんとのびてますーー。

では~今回も台湾旅行記のつづきですー。

阿給→満堂紅→KARADA factory[台湾旅行記2011②]

淡水散策。小さな教会や古い家々が並ぶ小さな路地、観光地ではないけどよく歩いたー。
淡水の街は明るくおだやかで歩くのも楽し。台北の街には無い坂があるけど情緒もあるし。
P1-1.JPG
淡江高級中学に来ました。大スター周杰倫(ジェイ・チョウ)の出身校で、彼の主演映画「不能説的・秘密」のロケ地としても有名。誰もが自由に校内に入れます。創立1914年、台湾初の神学校として建立された建物は西洋と中華の融合。歴史があるだけに、台湾ラグビー発祥の地でもあってラグビーしている人の像もありました。
P1-2.JPG
広い敷地内には古い建物も多く、その中にはカフェもあります。(生徒がバイトしてるそう。)
P1-3.JPG
湿気の多い暑さにやられ、少々歩くのもつかれた…となるとこの辺で一休みでも。まだ食べていない、淡水小吃が…。
P1-4.JPG
P1-5.JPG
淡水の名物、阿給(アゲイ)。老舗店「文化阿給」へやってきました。ここから近い所にある「原來的老店」がアゲイ発祥の地。K君が友人にTELし、「どちらの店で食べるのがよいか」と相談。結果、今回はお薦めの方の「文化阿給」に決定。
P1-6.JPG
昔々、淡水へ初めて来た時に食べて以来の登場。忘れてたけど、結構大きいー。存在感あるなぁ。
P1-7.JPG
日本統治時代の名残り、アゲの中にぎっしりと入った柔らかなハルサメ。たっぷりかかったタレは甘いんだけど、カツオの出汁がすごく効いてて食べやすい味。そして、やはりボリュームあるー。満腹。

「台湾の人にとってコレは何?食事?いつ食べるもの?」と常々疑問だったことをK君に聞いてみた。食事にしてもオヤツにしても量が中途半端に思えていつも迷うー。じゃあ台湾の人はいつ食べるもの?K君の答えは普通に「小吃」と。そうだ、小吃なんだ!(当たり前の事に納得)小腹が空いた時、いつ食べてもよいのが小吃。頭では分かってたけど…気が楽になったような。

その後は夕方で人出もさらに増えた川べりを散策しながら帰途へ。
一旦解散し、私はホテルで少々ぐうたら。休憩入れないと夜まで持たない。
あらためてSちゃん&K君と集合、夕食はおなじみの火鍋です。
今回は初めての店、満堂紅に行ってみました。
P1-8.JPG
ここも週末の夜は要予約。混雑時は2時間の制限制で、帰りには予約無しで待つ人達がたくさん。店も新しいのか、とてもキレイ。お店のスタッフは皆、きちんとしてて応対も丁寧です。
P1-10.JPG
こちらはオーダー式の食べ放題。お肉や魚、貝、団子類、野菜も充実。隣の十代と思われる男女7人グループはまさにテーブルに乗らないほど具材を注文。お鍋の世話は最初から最後まで、全て男子担当。男子、やさしいのうー。

お肉も具材も美味しかったし、アイスもハーゲンダッツだったし、お店も居心地良かった。けど、少々普段居るエリアからは行きづらいので、次回来る機会はあるかなぁ。

1日お世話になったSちゃんとK君とお別れ。今日もありがとうございました!謝謝ー!!
すっかり長くなっておりますが、まだ1日は終わらない。
予約を入れていたKARADA factory 身體工場 中山店へ。
P1012.JPG
前回も来たマッサージ店。友人の王さんはそれ以来、週イチで通うようになっていて「整体がすごく良いよ。次回受けてみたら?」と予約を入れてくれてました。

で、施術を受けてみたら、ものすごくうまい!!!整体をして下さる先生は日本人(店長さん)の方なので、私の四十肩で痛む箇所も伝わったし。現在酷い肩こりより腰の状態も悪い事など説明してくれ、調整してもらう。整体後のマッサージをしてくれた別の先生も、とても上手。私の一番凝りのひどい肩甲骨と肩甲骨の間を丁寧にじっくりマッサージしてくれた。これはもう、毎回通う。
マッサージ天国の台湾らしいローカルな雰囲気を楽しむお店というのとはちょっと違うけど、身体に少々問題を抱えて本格的にやりたい方にお薦めです。

整体担当の店長さんは人気があるので、希望の日時は要予約。受付の方も日本語が通じ、日本語メニューもあるので安心です。

あーーー、身体がすっきり!マッサージ後は湯に浸かると効果が上がるというので、TV見ながらじっくーり入浴。天国よのう~~~。
こうして夜は更けていくー。

◆文化阿給
住所 台北縣淡水鎮真理街6-4號
TEL 02-2621-3004
◆満堂紅頂級麻辣鴛鴦 松江店
住所 台北市中山松江路185号2階
電話 02-2517-0889
営業時間 11:30-15:00、17:00-01:00(例假日 11:30-01:00)
◆KARADA factory 身體工場(中山店)
住所 台北市中山北路一段103號
TEL 02-2521-6336
営業時間 10:30-24:00(最終予約受付は23:30)
定休日 年中無休

つづきますー
nice!(3)  コメント(17)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

可口魚丸と阿香蝦捲[台湾旅行記2011②] [台湾旅行記 2011②]

先週末、またもや台湾に行ってまいりました。
今回は台湾2年ぶりの相方と2人旅5日間。
いやー暑かった台湾!台湾の夏!!先月の訪台中はお天気も梅雨でぐずぐずだったけど、
今回は全日程晴れ。日中の温度は35度近くて、陽が落ちても31度。すっかり真夏並みの暑さ。
台湾マンゴーもライチもシーズン到来です。夏の台湾、テンションも上がる。
この夏に行かれる予定の方々が、う、うらやましいーー。
今回、旅中に誕生日を迎えた相方。私も誕生日に台湾へ…て来月だもん、ムリだな…。

今回の旅話しはまた聞いてやって下さい。今回も先月旅行記のつづきですー。ざくざくいかねば~

可口魚丸と阿香蝦捲[台湾旅行記2011②]

旅2日目。友人のSちゃんとK君が、出始めの台湾マンゴーをお土産にホテルまで来てくれた!
せっかくの旬モノです、ホテルでマンゴーを3人で食べることに。
P1-1.JPG
ナイフで器用に切ってくれるK君。台湾男子のK君はとても優しいのだー。Sちゃんも私も切り分けられるのをK君の手元をジッと見つめながら待つのみ。
P1-7.JPG
今年初の台湾マンゴーはとてつもなく甘かった!香りと共に台湾の夏を感じるー!感動。…しかし思えば、マンゴーを男の人に切ってもらうなんてのは、これが初めてかも。相方と食べる時、切るのはいつも私だし。これまた感動。旨さ倍増!

3人で淡水まで出かける。週末の淡水は駅に降りた時点から、すごーい人出!
ホテルのある中山からはMRTで30分少々。こんなに近いというのに、淡水へ来たのは5年振りくらい。なんだかずい分と久しぶり。

淡水といえば名物の淡水小吃!
まずは老街の中にある可口魚丸に来てみました。
P1-2.JPG
老舗感たっぷりの店構え。店先でガンガン作られる魚丸湯。食べられるスペースは2階にあります。
ここはすごく有名店だけど、私は今回がお初でした。
P1-3.JPG
階段を上がってみると結構席がある。沢山のお客さんが入れ代わり立ち代わり、ササッと食べてサッと立つ。私達が居る間に冷房を入れてくれたけど、とてつもなく暑い!これでは長居も出来ないか。
P1-4.JPG
魚丸湯と肉包。おいしそうーー!皆がこの組み合わせを食べていた。クリアなスープにぷかぷかと浮いてる真っ白な魚丸。メニューには肉包だけでなくプレーンな万頭もアリ。
P1-5.JPG
つみれ部分は見た目にはとても柔らかそうなんだけど、ぷりっぷりでかなりの歯応え!中の餡は味の付いた豚ミンチ。スープにはほんの少々のセロリが。そのスープの味は、とても薄い!ホントに薄い!まんま魚丸茹でた湯。卓上の胡椒を振ると劇的に味が変わって新鮮。美味でしたー。
小ぶりな肉包の生地はふわふわではなく、噛むときゅっとするしっかりめ。肉餡は濃い目の味付けだけど、これまた卓上の赤いタレをつけるのもヨシ。

魚丸湯(30元)+肉包(10元)、軽くお腹も満たされたー。これは台湾の人にとって食事なんだろうか?お腹の減り具合で、色々と食べたい私達にはぴったりなんだけど。

お次は可口魚丸からすぐお隣、阿香蝦捲へ。
P1-6.JPG
蝦捲の写真これだけ…。揚げたてのアツアツ!!ここのは以前にも食べた事ある。餃子や春巻のような皮で豚ミンチを巻いて揚げてます。蝦捲といいますが、多分エビらしきものは入ってない。形状が蝦に似てるから蝦捲と聞いた記憶が。蝦、入ってたらごめんなさいー。これは誰もが好きな味のスナック。ニンニク風味のタレか、辛いタレを店先でつけ、ぱく!ミンチがジューシーでアツアツの肉汁が出てきますので、ご用心です。

蝦捲、皮部分が結構固くて食べ応えあるー。持参のお茶を一気に飲むと本格的にお腹が膨れてきた。ここで早くもお腹いっぱいに!
魚丸湯も蝦捲も寒い季節の淡水散策に良いかも。ほかほかと身体が温まりそう。この時期の私は汗びっしょりだったけど。
さて、これから淡水の街を歩いて腹ごなししなくてはー。

◆可口魚丸
住所 台北縣淡水鎮中正路232號
TEL 02-2623-3579
◆阿香蝦捲
住所 台北縣淡水鎮中正路230號
TEL 02-2623-3042

つづきますー
nice!(3)  コメント(13) 
共通テーマ:旅行

越娘+騒豆花[台湾旅行記2011②] [台湾旅行記 2011②]

今回は2本立てでお送りしたいと思いますー。
先ずは昨日の日曜のお話しを…

222.jpgカレー店激戦区秋葉原のインドカレー店「アールティ」へ。
台湾お仲間と久々のアキバカレー会。こちらの食事時は行列です。ランチは予約不可なので、先に到着されたお仲間が並んで下さっておりました。アールティは本日(6日)が2周年だそう。ちょうど去年の1周年時も来店した事を思い出す。あれから1年か…。

今回はランチCセットを注文。カレー2種、タンドリーチキン、サフランライス+ナン、サラダ。ラッシーも付いてフルボリューム☆カレーは5種から選べて、エビと本日のカレー(小松菜とチキン)にしてみました。カレーは勿論、焼きたてのナン、香ばしいチキンも全部がおいしかったー。

食後はアールティ向かいの喫茶「カプチーノ」です。
このお店は本当に昔ながら~の喫茶店。メニューも食事、軽食、パフェ類、自家製寒天のあんみつなどで、客層も幅広い!普段のカプチーノは日曜定休なのに、なんと昨日は年2回行なわれるアキバのバザー開催日だったため営業してた!奇跡のカプチーノ体験。
飲み物を2度注文し、閉店までの5時間を話し込む…。
あー!楽しかった。また是非アキバでカレーを…その節もよろしくお願い致します。

ここからは台湾旅行記のつづきですー。

越娘+騒豆花[台湾旅行記2011②]

食事の後、忠孝敦化までぶらぶらと歩いてスイーツの店へ。
越娘+騒豆花へ来てみました。
P1-1.JPG
こちらはベトナム料理店「越娘」と、國父記念館にある豆花の有名店「騒豆花」がコラボしたお店。
豆花が好きなので気になっていたのですが、せっかくなら夏のフルーツの時期に行ってみようと。
P1-2.JPG
西瓜豆花。写真の色味が悪くて全然美味しそうに見えないんですけどー!スイカと豆花~美味だった!スイカ、じつに甘いっ!濃い!旬だなー。豆花もタピオカも冷たい喉越しがよくて、おいしいー。

本当は6月からの季節メニューのマンゴーを少ーし期待してたけど、まだ無かった。去年のGW5月3日に本店「騒豆花」へ来店した時はマンゴー+スイカ豆花がすでに出てた。去年が少々早かっただけなのね。まさに季節モノ。

P1-3.JPG
とてもカワイイ店内でした。メニューを見るとベトナム料理も食べてみたくなるし。フォーが美味しそうだった。食後にはベトナムコーヒーも良いな。そうそう、こちらのおすすめメニューは本店の騒豆花にない「フルーツ豆花」。数種類のフルーツに、豆花、豆花の下にはレタス…。サラダ的な???すごくボリューミーなのかなー?と今回はやめときましたが。

MRTで台北車站まで出て、ここでボネしゃんとお別れ。お会いできてよかった。楽しいひと時をありがとうございます!

P1-4.JPGその後中山に戻り、閉店間際の新純香さんへすべり込み。
こちらで微熱山丘のパイナップルケーキをいただく。(スタッフの方の私物でお店でのお取り扱いは無いです)今回も購入しに行こうと思っていたのでウレシイー。微熱山丘と言えばシンガポール店が、この6月か7月にオープン予定と。
東京にも近年中にお店が出来る予定らしいとか…。
東京で微熱山丘が買える!?驚き!


◆越娘+騒豆花
住所 台北市敦化南路236巷36号
TEL 02-2711-2705
営業時間 11:30-22:00

つづきますー
nice!(3)  コメント(16) 
共通テーマ:旅行

麻膳堂[台湾旅行記2011②] [台湾旅行記 2011②]

昨日は台風の中、久々の開催“FIGHT FOR JAPAN 『DREAM JAPAN GP -2011 バンタム級日本トーナメント』”観戦にさいたまスーパーアリーナへ。今までになく簡素な演出に照明。
それでも半年ぶりに開催されたDREAMは意義ある大会でした。
しかーし、とにかく試合時間が長かった!楽しみにしていたカードばかりだったけど、
トーナメントは予想通り判定決着が多くて…はー(深いタメ息)とても疲れてしまった。
そんな中、私的ベストファイトはフェザー級ワンマッチのリオン武vs.松本晃市朗。
1R中盤に全く危なげなく、リオン得意の右ストレートで気持ちの良いKO勝利。
かっこよかったリオンー。またリオン、見たいなぁ。

ではでは、今回から先日(5月21-25日)の台湾旅行記のスタートですー。

麻膳堂[台湾旅行記2011②]

羽田PM14:40発→松山PM17:15着のチャイナエアラインで、ほぼ定刻で(若干早かったかも)到着。梅雨真っ只中の台北の空はどーんより。今にも雨が降り出しそう…。4ヶ月ぶりの台湾の空気は暑く、湿気でぐぐっと胸に重たかった。夏の台湾に来たというウレシイ実感。

P1-1.JPG
今回もホテルは「柯旅天閣 台北-南西 THE Tango Taipei NanShi」 おお、まだ外が明るい時間。2月も同じ便で来たけど暗かったもんね。

台湾初日の夕食は、現在台北にいらっしゃるboneoriさんとご一緒に。お店はボネしゃんが選んでくれました。最寄MRT駅の國父記念館にて待ち合わせ。
麻膳堂に来てみました。
P1-2.JPG
すっきりした外観は日本のお店のよう。なんでもご主人が日本人の方とか。ちょうど夕食の時間帯で、店の外までものすごーく込み合ってる!こちらは席の予約は出来ないとのことですが、ボネしゃんが待ち合わせ前に名前をリストに書いておいてくれたので、すぐ入店できたー。謝謝!!

2名だったので、入り口スグのカウンター席に案内。店内に背を向けて座ったため、あまりジロジロ見渡せなかったけど、テーブル席も結構あり思ったよりも広い。ともかくスゴイ賑わってます。
明るく清潔感があって、カジュアルだけどコジャレた和食店のような感じ。
カウンターからガラス越しに見える厨房には日本人の方が居て、注文の手助けあり。

P1-3.JPG
蝦仁蒸餃 このお店の人気メニューの一品らしい。私だって大好きだー。蒸したてアツアツ!ジューシーで美味しかった。8粒で90元、安いと思う。

P1-4.JPG
麻辣牛肉麺は私の注文品。辛いけど食べられないほど辛過ぎず、ほど良い。見た目よりアッサリしてるスープに麺は中太。あらっ、もやしと麺の下には鴨血と豆皮が隠れとります。結構ボリュームある。

ボネしゃんの注文した蝦仁蛋炒飯はお米はパラパラ、小さめだけどエビも結構入っていた感じ。味見させてもらうとシンプルなお味で美味。見た目にも一切余計な物が入っておらず、シンプルなのです。飽きずに食べたくなる味かも。

店から出ると待ってる人が、まだまだ沢山。人気あるんだなー。
MRT駅から徒歩2分ほどと近いし、空いてる時間帯なら1人でも来れそう。これはリピありです。
さー、これからお楽しみなスイーツでも。
少々距離はあるけど、ぶらぶら散歩がてら徒歩で向かいまーす。


◆麻膳堂
住所 台北市光復南路280巷24號1楼
TEL 02-2773-5559
営業時間 11:00~14:30 17:00~22:00

つづきますー
nice!(3)  コメント(13) 
共通テーマ:旅行
台湾旅行記 2011② ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。