So-net無料ブログ作成
検索選択

【番外編・香港HOTEL】銅鑼湾 mini hotei causeway bay [香港]

ブログから離れ、大変ごぶさたしてしまいました。
久しぶり過ぎる更新が、台湾のことではなく近々の香港のお話しでとても恐縮です!

【番外編・香港HOTEL】銅鑼湾 mini hotei causeway bay
先週、半年振りに香港へ。
3泊4日と短い日程でしたが、友人のこももさんビンゴさんと合流アリ、楽しく、濃い、充実した旅行になりました。
今回はその楽しかったホテルのお話しを少々・・・

ホテルの在る銅鑼湾は「泊・遊・食・買」と全てこのエリアだけで済んでしまうほど、賑やかに人が集まる便利な立地。昨年の9月にオープンという新しいホテルの前身はアパートメントだそうで、Gフロアのフロントは改装中の真っ只中。(8月にはリニューアル完了とのこと)

honkon[2].jpg

部屋に入るととても広い!明るい!梁の関係上、ベッドが少し奥まっていて、なんだか落ち着く…。全体的に白基調のお部屋は気分的にそわそわ落ち着かないのですが、こちらの部屋はそんな事も感じずしっくりきています。そしてスーツケースをバーンと広げても、まだまだあまるスペースに感激。

        honkon[1].jpg honkon[5].jpg
そして驚いたのが、なんとバルコニー。5階の各部屋にはバルコニー付きという豪華さ。同じフロアの友人達の部屋のバルコニーも少しづつ設えが違っていて凝っておりました。このシーズンはかなりの暑さで、なかなかゆっくり過ごすことが出来なかったのが心残り。少し涼しくなったらいいですね!

        honkon[3].jpg honkon[4].jpg
ウェルカムスイーツにはかわいらしい彩りのメレンゲのお菓子。こももさんやビンゴさんの部屋もそれぞれに違ったお菓子だったのにはびっくりです。

シャワールームとトイレは一体型で、仕切りはガラス戸。これは同室の人がいたら気になっちゃうかもですが、今回は1人なので無問題(笑)少々気になったのは湿気。高温多湿な今の季節ということもあり、部屋の冷房は常に15度設定…←調節出来ます。冷房を止めたりすると、途端に部屋の鏡が曇るほどでした。まぁ今のシーズンだけと思いますが。

夜な夜な眠くなるまでかしましく食べ、話し、笑っていた私達。なんて楽しい夜だったか(笑)
ホテルのコンセプトは「スタイリッシュ」。スタイリッシュで機能的でありながら、かわいらしく、外出から帰ってくると「ほっ」と落ち着けるお部屋でした。多謝!!

mini hotel causeway bay 香港迷你酒店銅鑼灣
銅鑼灣新會道8號 TEL 3979-1199

nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

香港へ行ってまいりました [香港]

           P1.JPGP2.JPG
台湾につづき香港へ行ってまいりました。
4日間の旅。チャイナエアの台北経由。ははは。台湾では乗り継ぐだけ…サビシイ!!
台湾⇔香港は1時間半ほど。あっ!という間過ぎて、機内で映画なんか観てる場合じゃない。
帰りは香港のホテルを出発してから自宅に辿り着くまで、トータル12時間かかってしまいました~。
次回は間違いなく直行便だ!…とか言って、またやったりして~。かろうじて台湾の空気は吸える!

写真・左は香港のとある街角。真ん中の奥に某菓子メーカーの月餅の広告。(小さくてアレですが)
私の大好物、曾志偉(エリック・ツァン)の月餅と見紛うような幸せそうな丸顔。食べちゃいたい。
写真・右は某飲茶店にて。郷に入れば郷に従え…ということで、ちゃんとTempo持参。
とっても楽しみにしてた香港での飲茶。どれも美味しかったし、何より楽しい時間だったなー。
今回は夜のオープントップバスや、アフタヌーン・ティーと香港での新鮮初体験がぞくぞく。
いやー、オープントップバスがこんなに楽しいものとはー。もう1周!!

宿泊先は今回お初のハーバーグランド・香港(港島海逸君綽酒店)。
こももさんtomomiさんのレポを拝見してワクワク。全室ハーバービューというのが最大の魅力。
だって今までホテルの部屋からビクトリア湾が、チラッとでも見えたためしが無かった。
今回は部屋に入った途端「おおうー!!」感激☆これは期待以上!窓からビクトリア湾が目前にドーン。
旅のテンションがみごとに上がりました。ががっ!と。ホテルって大事だわー。
この旅のご報告は…一体何時なんだ?という事態ですが、また聞いてやって下さいませ。
たくさん、たくさん食べて来ましたので~。

※追記です
3.jpgTempo………香港では必需品のポケットティッシュとなっとります。広げると約210mmの正方形と大判で、4層の厚手なのでしっかりしてます。香り無しのNeutral、香り付きはMenthol、Jasmine、Applewoodの3種。香港での食事時に力を発揮。手やテーブルがどんどん拭けます。相席率の高い香港ですが、相席になった人が皆テーブルの上においてて愕き。各テーブルや店内にティッシュ完備が多い台湾は、たぶん必要度はそれほどでも…。
nice!(2)  コメント(26) 

香港旅行記⑥ 金満庭→發記 [香港]

こんばんは
早いものでもう3月!つい先日おせち食べたのに。
春も目前。相方にはすでに花粉症の症状が。これが季節の変わり目のお知らせになってます。
今回は香港旅行記の最終回です。さすがに3日間は早い!(日数はかかってますが~)

香港旅行記⑥ 金満庭→發記

P1-1.JPG
金満庭
香港最後のお夕飯はこちらになりました。
ホテルから近場!徒歩5分ほどのタイムズスクエア(時代廣場)の10階です。
これからMTRなどで出掛けるのがどうにも億劫になり、今回初めて来てみました。
それにしても驚いた!ガイド本などで混む、並ぶとありましたが、ここまで混んでるとは!
ものすごい待つ人々。それが後から後から絶えません。
来た時はたいしてお腹もへってなかったのですが、貰った番号を呼ばれる頃にはお腹へってました。
外人のお客には英語で番号を呼んでいたようです。
200人が収容できる大箱店で広々の店内。入り口から近くのテーブルに案内されたので、どこまで店なのか不明。
P1-2.JPG
お通しは豆腐干とセロリの和え物
台湾でもある豆腐干と同じものだと思う。こちらは大胆にカットされてます。
P1-3.JPG
青菜炒め
介蘭。食感のボリッとしてるところが良さですね。ニンニクが効いて美味かったー。
P1-4.JPG
紅油抄手
香港でも食べてる。紅油抄手、間違いナシ。美味。それにしても一皿の量が多くて、少人数にはちと厳しい。
P1-5.JPG
海老チリ
海老チリ…なんだけど。てんぷら並みの衣です。中の海老も大きくて食べ応えあったのですが、なにしろボリューム満点。
P1-6.JPG
蘭州手拉擔擔麺
このお店のお目当てでした。坦々麺なのでスープが濃いのですが、なんだろ?スープ自体が濃い気がします。辛さは無くて食べやすい。麺は手延べです。相方とシェアしようと麺を引き上げますが、途切れない…どこまで長いんだ。絡み合ってるようだし。隣のテーブルも同じ様に四苦八苦。

お、お腹いっぱい…。
しかしまだまだー。
まずはスーパーで最後の買出し。楊枝甘露や様々なものをどっさーり買い込む。
「まだ買うの?」と相方。なかなか来られない香港だから、とか言いつつ買う買う。
今回は荷物を持ってくれる人がいるから(相方)とは言えず…。
そして最後の仕上げはスイーツです。
P1-7.JPG
發記
やはり凄い席待ちの人でした。持ち帰り用はすんなり。
P1-8.JPG
楊枝甘露
マンゴー満載。どこまでもたっぷりマンゴー。味はあっさりしててやはり美味しい。しかしどうしようもなくお腹がいっぱい…2人で分けてやっと完食。

最後の夜は早めにパッキングも終了。
次の日は10時の便のため、早朝にホテルを出発します。
あー、あっと言う間だった3日間。やはりもう1日は居たい。
香港、今回も楽しかった。
P1-9.JPG

◆金満庭
住所 香港銅鑼湾勿地臣街1號時代劇場10樓1002舗
TEL 2506-2525
◆發記甜品
住所 香港銅鑼灣謝裴道532號
TEL 2838-3066

おまけで…次の朝の空港にて。
P1-10.JPG
満場一致で決定ー(笑)

最後まで読んでいただきありがとうございました。
次回はまた台湾旅行記ですー。
nice!(2)  コメント(14) 

香港旅行記⑤ 大會堂美心皇宮→泰昌餅家 [香港]

こんばんは
今週はどうやら暖かくなりそうですね。うれしいー。
まだ2月ですから油断は出来ませんが、早く!早く春にー!

香港旅行記⑤ 大會堂美心皇宮→泰昌餅家

昼食の前に買い物、買い物。中環の上海灘へ。
これまで何度ともなく言ってしまってますが、今回の旅が楽しかった要因が、もう一つ。
それはバーゲンシーズンだったから~。
街中がどこもSale!このムード、うきうきと活気づきますよね。
上海灘でもSale中の物も多くて、相方はカジュアルな物をどんどん購入。サイズも豊富だし、大柄の相方も安心(笑)この時ちょうど上海灘の物を着ていた相方。試着してみる度に「そのまま着て帰ったと思われたら嫌だし。」…たしかに。

そんなことしつつ、やっと昼食へ。
P1-1.JPG
大會堂美心皇宮
飲茶です。こちらはワゴン式で、明るく広々とした店内。大きな窓の向こうにはビクトリア湾がどーんと目前という気持ちの良い空間。週末のお昼時でしたのでとにかく混み合ってます。
それでも待つこと15分ほどで席に案内してもらえました。
P1-2.JPG
蝦とピータンの包み揚げ。これにマヨをつけて食すのが非常に気に入る相方。アツアツのフカヒレスープ餃子。蟹焼売は鉄板の美味さです。
P1-3.JPG
ものすごくお腹のへっていた私達はワゴンが来る度に蒸籠の中を見せてもらう。言葉分からなくても、見て選べて楽しい。遠慮がちにパチリの1枚。
P1-4.JPG
粽。湯気を上げているのを見ると、取らずにはいられない大好物。お腹はふくれますが。
P1-5.JPG
春巻も皮がパリッ。これも定番の美味さ。
P1-6.JPG
鳳爪。相方の大好物。もちろん1人で完食。

他に蝦餃も食べた記憶はあるのに画像なし。最初の方は写真撮る余裕もなくワゴンを覗き、食べるのも夢中だったらしい。
ほどよくお腹もいっぱい。でも今回は、まだ食べていない目的の品を食べるまでは帰れないー。ワゴンが来る度にソレを目を皿のようにして探してましたが見つからず。耳を澄ませていると「…炸…奶」おおおっ!ソレじゃない?ワゴンではなく、たくさんのお皿を持ち、薦めながら歩く小姐発見。きっとアレだ。わくわく!しかしまだ遠い小姐に、結局手を挙げてアピール。ここ、ここ!
P1-7.JPG
太良炸鮮奶
揚げ牛乳プリンがきたー。これを待っていました。こももさんのところで拝見して是非とも食べてみたかった品。以前こちらへ来た時には存在も知らずにとても残念だったので。見た目には揚げ出し豆腐のようですが、中はれっきとした牛乳プリン。相方も「美味い!」とあっという間に2つ食べてる。急いで残りを確保、ゆっくり味わう。やっぱり美味しかった!衣はサクリ、中はトロリ。今、写真を見ながらとても食べたい。また行きたいなぁ。

思い残すことなく香港飲茶を堪能しました。
そして相方がSaleに目覚めたので夕方までたっぷり買い物へ…足が棒になるまで歩き通し。

陽も暮れる頃、やっとホテルへ戻り休憩することに。
ホテルまでの帰り道におやつでもと寄ってみました。
P1-8.JPG
P1-9.JPG
P1-10.JPG
泰昌餅家
老舗・泰昌餅家の銅羅湾分店です。エッグタルトとドーナツを購入。本当に美味しいエッグタルトです。生地はしっとりサクサクのビスケットタイプ。塩気も効いてて中のフィリングの濃厚さに絶妙に合う。ドーナツの方はごく普通に揚げパンのようだった。

どっしりおやつを食べ終え、さて香港最後の夕食はどうしよう?…悩みますー。

◆美心皇宮
住所 香港中環大會堂低座2樓
TEL 2521-1303
◆泰昌餅家
住所 香港銅鑼湾渣甸街50號 渣甸街中心地下
TEL 3188-9511

香港女子的裏グルメ ―たった500円で大満足!

香港女子的裏グルメ ―たった500円で大満足!

  • 作者: 池上 千恵(いけがみ ちえ)
  • 出版社/メーカー: 世界文化社
  • 発売日: 2008/10/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


つづきますー
nice!(1)  コメント(14) 

香港旅行記④ 丹麥餅店→街歩き [香港]

こんばんはー。
本日は春節ですね。新年快樂!
そして東京は久々のお天気!やっと晴れてよかった。
今回も香港旅行記のつづきですー。

香港旅行記④ 丹麥餅店→街歩き

深夜4:00頃、目が覚めてしまった。咳が止まらない。
いよいよ発熱している様子。そして頭痛も治まっていなかった。
とにかく咳が機関銃並みに止まらないのにはまいった。喉が裂けそうに痛いー。
私が七転八倒している横で相方はぐっすり熟睡中…。
その時に非常に助かったのが、ホテルが部屋に置いてくれていたジュース
この時はお茶も水も欲しくなく、ひたすら甘いものが飲みたかったので。ありがとう!ランソンプレイス。眠る事も出来ずにTVの古い香港映画を観始め、そして観終わってしまった。
こんなんで数時間後の朝、大丈夫なんだろうか。

朝、8時起床。やったー!薬が効いたようで、熱も引き頭痛が治ってる!咳は出てるけど。
うきうきで準備。朝食、朝食!
ホテルに朝食は付いていましたが、今回だけはここへ行かずに何処へ行く。
P1-1.JPG
丹麥餅店 炸豬扒飽
ホテルから徒歩1分もかかりません。あまりの近さに身軽で出かけ、カメラを忘れてしまったという失態。レトロ感にあふれ、味のある店構えだったというのに。こももさんビンゴさんKaniちゃんと皆さんお薦めのお店でしたので楽しみでした。温かな袋を提げてホテルに戻ると、ドアマンに「あそこでパン買ってきたんだろう、美味いんだよね!」的な顔されました。
P1-2.JPG
見事なはみ出しっぷり。カツはカリッと!パンはふわっと柔らかい!期待通りに美味しかった。そして熱奶茶と凍奶茶の美味しいこと…滑らかでコクがあって。熱奶茶はあっと言う間に飲み終わってしまい2つ買えば良かった。
またこの朝食を食べにこのホテルに泊まろうかな…。

満足な朝食を終え、香港島街歩きです。

P1-3.JPG
ボッテンジャーストリート。相方が「スゴイね!」香港らしい風景。歩くだけで楽しい。

P1-6.JPGP1-7.JPG
文武廟で太鼓まで叩かせてもらう相方。太鼓の後に横の小さな輪を叩きます。廟へ訪れたことのお知らせのご挨拶でしょうか。こちらの廟は香港へ来る度に行きたくなる場所ですね。ぐるぐるお線香、こちらが癒やされるようです。

P1-9.JPG
勢揃いだ。こちらも見て廻るだけで楽しい界隈の骨董お土産店の並ぶキャットストリート。これ売れるんだろうか…。品物には何方かに宛てた古い手紙などがあって驚き。ドラマとかの小道具とか?
P1-10.JPG
…キャットだけに。繋がれているねこちゃん。1日これでは気の毒な気もします。

P1-11.JPG
時刻はそろそろお昼。さて何処へ行きますかー。

◆丹麥餅店
住所 銅鑼灣禮頓道106號禮信大廈地下
TEL 2576 7353

香港女子的裏グルメ ―たった500円で大満足!

香港女子的裏グルメ ―たった500円で大満足!

  • 作者: 池上 千恵(いけがみ ちえ)
  • 出版社/メーカー: 世界文化社
  • 発売日: 2008/10/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


つづきますー
nice!(2)  コメント(12) 

香港旅行記③ 新翠華茶餐廳→恭和堂 [香港]

こんばんはー。
寒い、実に寒い毎日ですねーーー。毎年書いてる気もしますが、この時期が1番苦手です。
おかげで身体中凝りがひどいです。本当に早く暖かくなればいいですね。
今回も香港旅行記のつづきですー。

香港旅行記③ 新翠華茶餐廳→恭和堂

ぶらぶらと九龍側散策です。
まずはシルバーコードの地下、インテリアと雑貨のお店G.O.Dへ。香港へ来たら必ず行きたい。
相方は初G.O.Dでしたので「ここ楽しい!」と広い店内をグルグルグル。
結局今回は何も購入してない(笑)ですが、ずい分楽しみました。
P1-1.JPG
喉も渇いたしG.O.Dの前のフードコートで一休み。フードコートの凍檸茶だってレモンが5枚も入ってる。甘いけど香港で飲むのは格別。美味!!
しかしこの頃、私の風邪がひどくなってきており頭痛が始まってました。

P1-2.JPG
せっかくの香港で頭痛なんて言ってられません。MTRで移動、旺角(モンコック)へ。
女人街。時間が早いせいか、まだそんなに混み合ってはおりませんでした。
P1-3.JPG
周杰倫の主演新作「蘇乞兒」公開は香港でもまだ先でしたが、武術映画初の3Dという事で日本での公開が待ち遠しいーー。女人街から男人街までうろうろ散策しながら歩く歩く。そろそろ相方から「食事どうする???」お夕飯はもう決まっております。
ホテルのある銅鑼湾まで戻ってまいりました。
P1-5.JPG
新翠華茶餐廳
本日のお夕飯はこちらです。今回どうしても煲仔飯を食べたかった。
このお店は前回の旅で前を通りかかり、店の表のテーブルが満席ですごい流行ってるお店だなーと印象深かったのです。今回もすごい活気!
店内の大きなテーブルに案内され、もちろん相席。向かいにはご年配のご夫婦、ご夫妻の隣にはカップル、私達の横にもカップル。計8名ぎっしり。私達は注文からして一苦労。煲仔飯の具材の種類が多すぎて…悩みに悩んでいるとお店の人が日本語メニューをくれました。どうにか相方と2つ選びだし、炊き上がるのを楽しみに待ちます!
P1-7.JPG
まずは空心菜の炒め物。腐乳が効いててコクのある塩気。食べ進んで終わる頃…
P1-9.JPG
きましたよー!私の注文品の窩蛋鮮猪肉飯。
P1-8.JPG
相方の…何だっけ、何とか臘腸飯。ソーセージとレバーのソーセージとか…ソーセージ三昧。蓋を開けた時に「絵面悪いね」と言ってました(笑)醤油タレを廻しかけ、また蓋をしてしばし待つ。ここのは炭火で炊いているとのこと。熱々の土鍋ご飯、おこげもちゃんと出来てる。香ばしくて美味しかった。食器のレンゲはプラスチックなのでおこげを削ると折れそう。常連のお客さん達は勝手知ったるという感じで、どこからかスプーンを持ってきてました。また寒い頃に香港へ来て食べたいなぁ。

食後は、いつもお世話になっております、こももさんにSKⅡフェイスパックがお得と聞いた莎莎SaSaで買い物。そしてワトソンズへハシゴ。香港だからかテンションがここでも上がり、オリジナルハンドクリームやらお土産にタイガーバーム、湿布まで買いまくる。台湾にも売ってるんですけどね…。
こももさん!この旅も事前に色々とご指南いただきました!ありがとうございます。今、使ってます!パック。

こんなことしつつも、頭痛がひどくなっていたので早々とホテルへ戻ることに。
あー、デザートも食べてない!これはいかん。
P1-10.JPG
P1-11.JPG
ホテルに戻りがてら恭和堂へ。好物の龜苓膏(亀ゼリー)を購入。相変わらず苦い!!この苦さが好きなんだけど。これ食べて風邪が回復しますように。

◆新翠華茶餐廳
住所 銅鑼灣登龍街12號地下
TEL 2803 4801
◆恭和堂
住所 銅鑼灣波斯富街87號地下
TEL 2576-1001
営業時間 10:30-23:45

香港女子的裏グルメ ―たった500円で大満足!

香港女子的裏グルメ ―たった500円で大満足!

  • 作者: 池上 千恵(いけがみ ちえ)
  • 出版社/メーカー: 世界文化社
  • 発売日: 2008/10/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


つづきますー
nice!(1)  コメント(21) 

香港旅行記② 麥奀雲呑麺世家→Jenny Bakery [香港]

こんばんはー。
またしても台湾話しで恐縮ですが、台北の朝食といえば「阜杭豆漿」。その阜杭が改装し、リニューアル(こんな感じに) あまりの変わりように大ショック。超普通になってる。これも時代ですね…。閉店時間もam11:30までと長くなってます。現在の方がキレイだし初めての方も行きやすいハズ。ビルは相当老朽化もしていて、正直初めて訪れた時は店のある2階への階段を上がるのもちょっと躊躇しました。通うにつれ慣れましたが。何故皆が訪れていたのか、味だけでは無くあの店独特の風景があったからですよね。リニューアルしても変わらない行列を見て、久々に焼餅が食べたくなりました。次回行ってみるのが楽しみです。

もヒトツ。本日は相方と映画「アバター」へ。3Dメガネをかけての鑑賞。2時間44分があっという間でした。スケールでかっ!!そして反米の精神が全面に満ち満ちている。(私の主観です)全米で大ヒット、興行収入首位というのが凄い気も。
前置きがかなーり長くなりましたが香港旅行記の続きです。

香港旅行記② 麥奀雲呑麺世家→Jenny Bakery

ホテルで一息後、外出です。
何か食べよう、となりましたが空港からの移動で相方にオクトパスカードを購入して、手持ちの香港$が少なくなってました。両替に尖沙咀の重慶大厦(チョンキンマンション)に行こうと思っていたため、ここは軽く麺でも。しばらく歩くと相方が「ここで食べようー。コレ食べたい。」立ち止まったのが日本の雑誌か何かに載った記事が店先にあるお店。
P1-1.JPG
麥奀雲呑麺世家
初めてのお店です。お客さんもたくさん入っていて、これは美味しいんでは?と期待して入店。
P-2.JPG
京都炸醤撈麺 相方が「コレ食べたい」と店頭の写真に惹かれた品。京都は全く関係ないんです。ちなみにこちらの初代にあたるおじいさんが発明したものとのこと。スープ付。相方は「うまい!」即完食。少々甘めな味噌が味の決め手ですー。
P-3.JPG
蝦水餃 相方が京都炸醤撈麺だけでは足りないに決まってると注文。大きな餃子が6個も入ってボリュームありましたー。
P1-4.JPG
P1-5.JPG
世家雲呑麺 最初に「?」何も乗ってない…と思いきや、ぷりぷり蝦雲呑は麺の下にー。スープはあっさり。(ここのお出汁には干したカレイを使用しているそうです)久々に食べる香港麺の食感。美味いですー。見た目に小さな器でもスープも飲んで満腹。
香港第1食目は大満足麺でした。

P1-6.JPG
MTRで九龍側の尖沙咀に移動します。台湾はMRT、香港はMTR…何度も言いまつがえました。
尖沙咀に着くと台湾のタレント楊丞琳がニコッ。ホームは台湾の広告で満載。何か台湾のイベント?

重慶大厦で無事に両替も済ませて安心したところで、まずは買い物へ!
重慶大厦まで来たら行ってみようと楽しみにしていたJenny Bakery(珍妮曲奇餅)。
P1-7.JPG
ビンゴさん、来れたー) お客さん、並んでる?と思いきや誰も居ない…。あれ?モノも無い?と不審に思って固まっているとお店の小姐がメニュー表を出してくれた。あ、あるのね!良かったー。
P1-8.JPG
Jenny Bakeryのクッキーです。以前、赤柱へ行った時に買い忘れて以来やっと購入。ホテルのある銅羅湾にもお店がありますが、重慶大厦の隣で買えるならと。缶はクリスマス仕様。今回4-MIXを2つだけの購入でしたが、ずっしりと重量が。
P1-9.JPG
香港でクッキー。これは買います。こんなにやさしいホロホロの食感て…。驚きですって。次回は8-MIXも買ってみようー。

◆麥奀雲呑麺世家
住所 香港銅鑼灣渣甸街44號
TEL 2895-5310
営業時間 11:00-24:00
◆Jenny Bakery 尖沙咀店
住所 尖沙咀彌敦道36-44號CKE重慶站2樓203號舖
TEL 2311-8070
営業時間 11:00-21:00

つづきますー
nice!(3)  コメント(22) 

香港旅行記② ランソンプレイス Lanson Place Hotel [香港]

1.jpg
こんばんはー
最近職場の近くにバインミー(ベトナムサンドイッチ)のお店が開店しました。
噛み応えのあるフランスパンに具材は鶏・豚・牛各焼肉、海老とアボカド、レバーペーストなど。全てのサンドにだいこんとニンジンのなます(と書いてあった)、香菜入り。
オーダーしてからお肉を焼くので少々待ちますが、パンも温かくカリッ。香菜の香りも良く(追加してみた)これは美味!!ベトナムを感じるー。行った事無いですが…。
確実にリピ決定ー。開店早々なんだけど、無くならないでほしい。
本日から割り込みですが先日行った香港日記開始ですー。

香港旅行記② ランソンプレイス Lanson Place Hotel

2010.1.9香港へ。
香港8年ぶりの2度目の相方と3日間の弾丸です。
まずホテル選びから悩む悩む。台湾と違い立地もよく把握出来てないし。
やっと決まったのが銅羅湾站から徒歩5分程のランソンプレイス Lanson Place Hotel。
今回の香港が楽しかった!というのは、このホテルも1つの大きな要因です。
P1-1.JPG
ホテルらしくない目立たない外観。2005年に出来たホテルらしく、まだまだ新しく綺麗。
ロビー、コンシェルジュデスクは地上階ですが、チェックインは3階でソファに座ってゆったりと。個人客ばかりなのでとても静かで落ち着いた雰囲気。スタッフの応対も親切でした。
P1-2.JPG
P1-3.JPG
部屋が広い!キレイ!角部屋で2面が大きな窓でとても明るい!これ重要!テンションが上がり、カードキーを差し込み忘れ電気を着けないまま撮影してしまった…。
P1-7.JPG
P1-6.JPG
オーシャンビューならぬマウンテンビュー。見える景色が香港らしい!
シンプルなインテリアも好印象。リビングスペースとベッドスペースが分かれてます。液晶テレビは回転するので寝ながらでもソファでも観られます。他DVD、セイフティボックス、アイロンも有り。
P1-4.JPG
P1-5.JPG
全部屋キッチン完備。キッチンにはミネラルウォーター、ジュース(後にすごく助かる)、お菓子が置かれてます。お菓子がまるっと1箱!ますます気に入る。レンジも食器もトースターまで揃ってます。結局どれも全く使う機会はありませんでしたが。
P1-8.JPG
私的に唯一残念だったのがバスタブが無かったこと。湯船に浸かるのが大好き日本人だからして。でもシャワーは上に固定のものと手動もあり不自由はなし、湯量も申し分ありません。
P1-9.JPG
アメニティも一通り揃ってます。他にヘルスメーターも有り。乗らないけど…。
P1-10.JPG
チェックイン時にお願いした変圧器は荷物と共に私達より早く部屋に到着しておりました。仕事も早い。
デスク脇には小さめのオイルヒーターまでありました。着いた早々写真を撮りまくる私。これまた早々にPCを繋ぐ相方に「あ、足が写るー」と言いながらそのまま撮りましたが、気持ち丸めてたのね…。今頃気づいたけどスリッパはどーした?

次回は香港の街歩きですー。
つづきますー
nice!(1)  コメント(12) 

2010 香港も台湾も! [香港]

新年明けまして…からずい分経ってしまいました。
年が明けても忙しさは変わらず…あーあ、更新も久方ぶりです。
溜まってきている旅行記。もっとざくざくいきたい。

P1-1.JPG
先週の連休に香港へ行ってまいりました。
相方と3日間の弾丸。
2010初渡航となった香港。これがめちゃめちゃ楽しかったです!
滞在時間は短くも、もう本当に楽しかった。美味しかった。
風邪もひきながら体調絶不調で、この風邪薬のテンションのおかげか???
そんなわけで2010は香港かなー!と1人盛り上がっておりました。

そんな昨日、台湾にお住まいの友人けんこうさんから荷物が届きました。
お心づくしの台湾の物がたくさん…。本当にありがとうございます!
私の好きな物ばかり。感激です。お茶ジャム、牛舌餅もあるー。
P1-2.JPG
早速ドライパイナップルをいただきます。台湾鳳梨。噛みしめると酸っぱさに台湾の味。
台北ウォーカーを開くと台北の街にそこかしこがすでに懐かしく…。

やはり台湾も香港も、両方行きたい。

2010年、どちらにもまた行きたい。
次回の渡航は全くの未定…やはり次は台湾かなぁ。

本日台湾お仲間のよ~さんからお聞きして驚いたのが、
永康街 冰館の閉店。色々な事情があるようなのですが。
(台北ナビでは休業中となっておりました)
小籠包といえば鼎泰豊、かき冰といえば冰館 Ice Monster。代名詞になるほどのお店なだけに
無くなってしまうというのも複雑な心情。思えば何度も前を通りながら何年も食べてない。
また復活するのかもしれませんが…。
nice!(1)  コメント(22) 

香港旅行記 ⑨ [香港]

こんばんはー。
今回は香港旅行記の最終回です。
早いものでこの香港へ行ってから半年が経ってしまっていました。
また次回は台湾編になりますが、またのろのろでも更新して行きたいと思います。

香港旅行記 ⑨

お夕飯を終え、一旦ホテルで小休止。
それから最後の買出しへ。
P1-7.JPG
マイチーさんからのお頼まれもの、クノールのスープ“金華火腿(ハム)”。これが、ホテル近くの恵好(ウエルカムスーパー)では3軒が売り切れ…。そんなに美味しいの!と私自身も、欲しくなって恵好巡り。ガイド本にも載っていたので、同じく観光客が購入されてるのですかねー。銅鑼湾からちょっと離れた恵好にはたっぷりありました。

香港でまだ食べ残していた物の買出しも忘れずに!
P1-2.JPG
亀苓膏(亀ゼリー)の恭和堂へ。
P1-3.JPGP1-4.JPG
真っ黒ですねー。冷たいのをお願いしたつもりが、熱々が来てしまった。この後、マッサージへ行く予定だったので、その間ホテルの冷蔵庫へ。亀ゼリーは冷たい方が好きなのですよ。久々、本場の亀ゼリーはにっがいっ!!!ほろ苦い、とかいうのではなく本当に苦い。このあまりの苦さに顔は歪むんですが、しかし美味いんですねぇ。食べ進むと慣れてきます。私は好み、この独特の香りも苦さも。

P1-5.JPG
マンゴー・パパイヤミルク。うれしくなって購入。マンゴーとパパイヤ…どちらが勝ってるのか?よくわからなかった私です。甘さも控えめ。
P1-6.JPG
忘れずに持って帰りますよー、楊枝甘露。
次回、またいつ口に出来るのか…香港の味。今回も行けなかったお店がたくさん。心残り、忘れないうちに行きたいと思います!

香港女子的裏グルメ ―たった500円で大満足!

香港女子的裏グルメ ―たった500円で大満足!

  • 作者: 池上 千恵(いけがみ ちえ)
  • 出版社/メーカー: 世界文化社
  • 発売日: 2008/10/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


最後まで読んでいただきありがとうございました!
nice!(0)  コメント(16) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。