So-net無料ブログ作成
検索選択

KA.RA.DA factory→麻辣一村[台湾旅行記2011①] [台湾旅行記 2011①]

先日TVで「SP」を観ました。本編終了後に岡田クンの師匠中村頼永氏(!)との格闘技練習風景の映像が。そのあまりの動きの良さに「おおうー」声も出るほど驚いてしまったー。よほど集中してトレーニングされたか運動神経が抜群なのだろうなぁ、すごいわ。劇中は跳びつき三角絞めも極めてた。この練習風景をもっと早く見せてくれたら良かったのに。俄然SPに興味が(今さら)。

KA.RA.DA factory→麻辣一村[台湾旅行記2011①]

富錦街から天津街まで戻ってきました。「あ、行きたい所があったの!」と王さんに連れられていったのが、このお店。
        P1.JPGP2.JPG
KA.RA.DA factory身體工場(中山店)1月にOPENした日本のマッサージ店。来店した期間はOPEN記念で全てのメニューが30%OFF。本店が日本だけあって、受付の方は日本語バッチリ。
この時は足裏マッサージをお願いしましたが…これが!本当に上手だった!これは全身も期待できるんじゃない?私を担当してくれた女性、お名前を聞きそびれてしまったのが失敗。定宿からも近いし、今後も楽天から浮気してしまう可能性が無きにしも…。
王さんとここでお別れ、王さんは仕事へ。長々ありがとうございました。

この辺りは変わらないなーと思ってましたが、ポツポツ新しいお店も出来てます。
南京東路×天津街には新しくベーカリーが開店したばかりで盛況でしたし、その何軒か先にもベーカリー(美味しそうな食事パン系)が出来てました。こんな至近距離になぜベーカリー2店…。
今回は覗いただけだったので、またの機会に買い物したいと思います。

この後の夕食は忠孝敦化でDさんご一家と待ち合わせ。
P4.JPG
麻辣一村 今回初めて来てみました。忠孝東路に面したビル(Bistro98)に入っているので立地もよくて分かりやすい。平日でもお客さんでいっぱい。明るくカジュアルな店内です。場所柄かさすがに客層も若いですねー。
P3.JPG
もちろん食べ放題です。火鍋の具材はオーダー式。その他、飲み物、ワッフルやアイス(残念ながらハーゲンダッツはナシ…)は取り放題。この感じ…居酒屋か!?という活気あふれる店員の子達。チームワークよさそう…。
P5.JPG
カジュアルな店内だけど、ここはお肉!美味しかったです。海老だって活きてる。フタを取ると四方に飛び散る海老達。〆の麺も色々ありましたが、どこのテーブルでも頼んでいたのがザルに乗ったうどん。美味しそうー!冬粉頼んだけど追加でいいか、うどんは別腹。見た目も食感も日本のうどんで美味。
ただ残念だったのがタレのコーナーになぜか無かった!香菜が!!

お店を出るとすでに11時半過ぎ。Dさんご一家とお別れです。今回もありがとうございました!
MRTでホテルまで戻ります。明日は早朝に起きねば。大人しくTVでも観て寝ようー。

P6.JPGコンビニで「艋舺」マップ購入。
何度も観てしまった「モンガに散る」の舞台になった萬華のロケマップ。剥皮寮内のセットは前回12月の訪台時に見学に行こうとしていた当日に取り壊しに…なんというタイミング。
和尚の家、劇中メインの清水巌祖師廟、蚊子が飛び降りた門…ゲタ親分の家も今年の年末までは観られるそうだし、今さらながらこのマップ片手に次回は廻ろうかな。楽しみ!




◆KA.RA.DA factory 身體工場(中山店)
住所 台北市中山區中山北路1段103號
TEL 02-2521-6336
営業時間 10:30-24:00(予約は23:30まで)
◆麻辣一村
住所 台北市忠孝東路四段98號(Bistro 98)8樓
TEL 02-8772-1518
営業時間 平日11:30-15:00 17:30-01:00
     休日11:30-01:00

つづきますー
nice!(1)  コメント(24) 

微熱山丘 Sunnyhills 台北茶話會 [台湾旅行記2011①] [台湾旅行記 2011①]

映画「悪魔を見た」(ストーリーはコチラで)をマイチーさんと観てきました。
何ごとにも程があるものだけど、この映画には程々というものが全く皆無です。とにかくえげつない。
残酷な拷問や殺戮シーンは韓国映画のお家芸だし、これまでの映画でも数多い。(どうしても「チェイサー」と較べてしまう…)昨年末公開された「黒く濁る村」も期待外れに内容は薄っぺらいものだったけど、田舎の寒く暗い景色に韓国映画独特の怖さがあった。この映画でも冬の暗い田舎道が余計に怖さを増幅させる。オールド・ボーイのチェ・ミンシクは健在です。強烈な演技力。殺人に意義も無くカリスマ性も無い、人格全壊の殺戮者っぷりが恐ろしい。怪物イ・ビョンホンの存在も薄くなる。この先リメイクされるとしてもギョンチョル役はミンシク以外はまるだろうか。もう少し登場人物の関りを細やかに見せて欲しかった。主役の2人に感情移入出来るわけ無く、「?」という場面も多い。監督はキム・ジウン。これまでの作品に「箪笥」という映画があり、「箪笥」は私が韓国映画では一番好きなホラーでした。これを機にもう一度「箪笥」と「チェイサー」観てみようかな。
長々すみません。今回も台湾旅行記のつづきですー。

微熱山丘 Sunnyhills 台北茶話會 [台湾旅行記2011①]

昼食後にお茶でも、と来てみたかったカフェへ
P1-1.JPG
朶兒咖啡館です。こちらは台湾映画「第36個故事(台北カフェ・ストーリー)」の舞台になったお店らしいです。(日本公開は今のところナシ)
とてもかわいらしくステキなお店は、平日の午後にも関わらずぎっしりのお客さん…。(店内撮影禁止になっておりましたので写真はナシです。)スイーツがとても人気です。曜日で日替わりの本日のケーキがあり、この日はバナナケーキ(他に2種あり)。私達は本日のケーキとスコーンを注文。バナナケーキもスコーンも温められていたのが嬉しかった!スコーンは3種(プレーン、ブルーベリー、多分ペッパー)、ふんわりさっくりの生地がとても美味しかったし、添えられたクリーム(クロテッドクリームより色濃い目)と自家製のパイナップルジャムもスコーンに合っていて美味。バナナケーキ1切れ、スコーン1つが残ったので「持ち帰りたい」と言うと気持ちよく「ジャムも入れておきますね」と。さすが台湾です。

松山空港に近いここ富錦街は落ち着いた静かな街並み。住み心地が良さそうです。この界隈にはステキなカフェが点在。朶兒咖啡館の向かいにも入ってみたいと思うお店があったし。またゆっくりお茶しに来たいところです。
朶兒咖啡館から歩くこと5分ほど。もう1軒、行きたかった店へ。

P1-2.JPG
微熱山丘Sunnyhills 台北茶話會 最近大人気のパイナップルケーキのお店です。以前メイフェさんのブログで拝見し、昨年6月に取り扱いのあるお茶屋さん「吉軒茶語」に購入しに行ったのでした。その頃はこちらの台北茶話會はまだ無かった。今や微熱山丘、その人気たるやスゴイですね。微熱サンキューとか呼んでましたが呼べないな。こちらのお店には初来店、楽しみにしてました。
P1-5.JPG
販売しているのはパイナップルケーキのみ。店内は広々、とてもシンプルな様子。大きなテーブルではお客さん達が楽しげにお茶を飲みながら談笑中。お茶とパイナップルケーキがその場でいただけます。(試食なので無料ですよ)テーブルの先客の中になんと王さんのお知り合いがー。隣の席に招待されました。
P1-4.JPG
パイナップル100%。中の餡はパイナップルの繊維がざくざくという食感とやさしい甘み。周りの生地は少々硬めに焼き込まれていて、存在感のあるパイナップル餡に負けてない。とても美味しい。バランス良いです。
P1-3.JPG
とても気持ちよく長居してしまいそうなお店です。店内をウロウロしていたら「日本人の方ですか?」と日本語でお店の方(男性)に話かけられました。「こちらのパイナップルケーキ、人気ですね。」と言うと伝わった様子で笑顔が。
P1-7.JPG
6個、10個、15個、20個入りの販売。お土産にも最適です。今回は香港女子会のお茶請けに自分用。少々行きづらいエリアですが、周辺にはカフェもたくさんあるので散策がてら是非。(時間無い!という場合はMRT南京東路近くの「吉軒茶語」さんがありますね。)
台北にもこんなに美味しくてオシャレなパイナップルケーキが…。これからも時代で変わっていくのかと思うと楽しみです。
お茶、買い物の後は中山エリアに戻りますー。

◆微熱山丘Sunnyhills 台北茶話會
住所 台北市民生東路五段36巷4弄1號1樓
TEL 02-2760-0508
営業時間 10:00~20:00
定休日 日曜※追記 年中無休(旧正月&中秋月など臨時定休はHPで事前に予告)P1-6.JPG
◆吉軒茶語(写真は昨年6月のですが、現在のHPにも微熱山丘の取り扱い有りでした)
住所 台北市長春路474號(MRT南京東路駅より徒歩約5分)
TEL 02-2717-0202
営業時間 10:00~21:00

つづきますー
nice!(1)  コメント(19) 

鶏家荘 [台湾旅行記2011①] [台湾旅行記 2011①]

早くも春一番が吹き、昼間は妙に暖かかったこの数日。近所では梅も開花。
相方は花粉症が全開にー。本年は例年になく多いと言われてますよね、花粉。
私も毎年、今年はいよいよか?とこの時期一応覚悟してますが今年も感じてないようです。鈍感力。
今回も台湾旅行記(2/16-20)の続きですー。

鶏家荘 [台湾旅行記2011①]

旅行2日目。たっぷり寝てしまったので朝食抜きになってしまった。お昼は新純香さんの王さんと。お店で待ち合わせてご近所のお店へ。
P1-2.JPG
鶏家荘六條店 鶏家荘は創業1975年の老舗店です。長春路店とこの六條店があり、何度も両店の前を通りながら一度も縁が無くて今回が初来店。
P1-3.JPG
鶏家荘というからには鶏料理がメインなわけですが、同じ鳥仲間のダックなどは無くてあくまでもニワトリ一筋。でもお料理は鶏モノだけでなく、大抵の台湾料理がズラリとメニューに並んでおります。
P1-4.JPG
先ずはこちらの看板料理を。何コレー?ニワトリの蓋ですよ、この器。レトロな香りでかわいいし!
P1-5.JPG
鶏家豆腐 見た目は麻婆豆腐のようですが、辛くない。少々甘さもある濃い目の味付け。そしてたっぷりの鳥骨鶏の黒いお肉が入っています。トロリとした舌触りの豆腐も、同じく柔らかくて味のしみた鶏肉も美味しいー。
P1-6.JPG
これはご飯によく合う。このご飯、白飯ではなく鶏スープで炊いた鶏飯。最高に美味しい!この組み合わせはものすごく良くできてる。ちなみに鶏飯はおかわりもできるんですよー。
P1-7.JPG
王さんの大好きなヘチマ。やわらかくて、干しエビのダシがよくしみているやさしい味。やはり2人では少々多い量ですが。
P1-8.JPG
菜脯蛋 台湾家庭料理の代表格、切干大根の卵焼き。切干大根と卵、美味しいんですよね、これが。台湾料理店ならどこでも食べられる物でもお店によって味も違えば、見た目も微妙に違う。こちらのは卵焼きの厚みもあり、外側のカリッとした感じも申し分なしです。鶏の専門店だし、やはり使われてる卵も美味しいのかな。
P1-9.JPG
花枝丸 大好物のイカ団子です。揚げたて熱々のイカ団子に五香粉と塩をつけるだけ。これが何度食べても美味しくて飽きないー。幸せ。気軽に屋台でも、菜脯蛋同様にどこの台湾料理店でも食べられるものだけど、私は欣葉のイカ団子のぷりっと感が好きかな。このイカ団子が尾を引いて、冷食の花枝丸を購入して帰りました。早速、家で鍋物に。ポン酢でも美味いですー。
P1-10.JPG
地瓜菜の茹でたもの これは常連の王さんへのサービス。こちらのお店特製というニンニク醤油がかけてあり、さつまいもの葉が甘く感じられて美味しい。
P1-13.JPG
こちらのデザートで有名なのが、店に行った事の無い私でさえも知っていた鶏蛋布丁という卵プリン。最後に出てくるかも!と期待していたのだけど緑豆を煮たのが来た。あらま!ちょっとショック。プリンは次来た時のお楽しみになってしまった…。そして後味さっぱりの梅子茶が出ます。

今まで行ったことの無かった老舗店。さすがにどの料理も美味しい。お店の方の気配りも行き届いていた。どんな年代の人を連れて行ってもきっと皆が満足出来るお店。やはりある程度の人数が揃わないとたくさん料理は楽しめないけど、また是非行ってみたい。あの鶏家豆腐と鶏飯をもう一度…。
緑豆のデザートもすっかり食べてしまいましたが、ゆっくりお茶でも。これから行ってみたかったカフェへ移動しますー。

◆鶏家荘(六條店)
住所 台北市中山北路一段105巷9號
TEL 02-2541-8261 / 02-2541-8262 / 02-2541-8263
営業時間 11:00-22:00
定休日 旧暦の大晦日から1月4日まで

nice!(1)  コメント(7) 

濟南鮮湯包 [台湾旅行記2011①] [台湾旅行記 2011①]

こんばんはー
先週台湾へ行ってまいりました。出発前の日本も寒かったですが、今回の台湾も寒かったー。
ちょうど台湾の各所で行なわれるランタン祭りや、フィギュアスケートの四大陸選手権が台北アリーナで開催されるなどのイベントが重なり、普段以上に観光客が多かったような。
早速、今回の旅行記第一弾です。

濟南鮮湯包 [台湾旅行記2011①]

P1-1.JPG
羽田⇔松山便で定刻の17:15に松山空港に到着。タクシーで中山のホテルに18:00前にはチェックイン。市内にある松山空港は近くて本当にありがたい!ホテルはいつものTango Hotel台北-南西(柯旅天閣 台北-南西)です。
夕食は同じく本日訪台の台湾お仲間 草苺さんと合流予定、楽しみにしていた初来店のお店へ。
ここで前日現地入りしていたせきけんさんが台北にいらしたので急遽合流。
P1-2.JPG
濟南鮮湯包 最近行かれた方に評判を聞いていたので、是非来てみたかった小籠包のお店。本日は3名なのでたくさんのお料理が楽しめそう。こじんまりとしたお店に見えましたが、地下にも席があるそう。店内は去年改装されたばかりでキレイだし、地元の人気店なので食事時間帯は混雑するようです。私達が来店したのはラストオーダー間近だったのですんなり。スタッフもとてもフレンドリーなので1人で気軽に来れそうな雰囲気。
       P1-3.JPGP1-4.JPG
まずは小菜と地瓜菜の茹でたものを。こちらの小籠包は作り置きせず、注文が入ってから包むというのが身上。楽しみに待ちます。
       P1-5.JPGP1-6.JPG
話している間もなく、どんどん運ばれてくる料理達。シラス炒飯に酸辣湯(小)。こちらのシラス炒飯は皆さんオーダーされる人気の品。揚げたシラスがカリッと香ばしい!酸辣湯もボケてなく(酸も辣も
うっすらしてるお店が多い…)はっきりしていて美味しい。
       P1-7.JPGP1-8.JPG
お待ちかねの脆皮煎鍋貼に圓籠鮮湯包。こちらの焼餃子も人気。焼き上がったばかりの餃子はパリッとしてて美味しかった。小籠包は8個入りでしたので2籠注文。小籠包も皮は極薄、あっさりしていていくつでも食べられそう。
久々の小籠包のお店で新規開拓、ここはお薦めです。1人でも行けそうなので、また次回訪台の際にはリピ決定。大満足でした。
       P1-10.JPGP1-11.JPG
食事後にお茶でもと移動。しかしあまりこの辺りにはお茶出来そうなお店が見当たらず…新生南路に出て歩いていると、お!珈琲と書いてある。このお店に決定。
P1-12.JPG
「老樹」という台中に本店のあるお店でした。店内はとてもレトロな雰囲気。台北でお茶してるというよりは神保町の裏道のお店にいるかのよう。なんか落ち着く。私は店お薦めのコーヒーにしたのですが、ココアを注文した草苺さんのカップがキレイでしたので撮影させて戴く。
P1-13.JPG
忠孝新生駅で皆さんとお別れした後、ホテル近くのいつものマッサージ「楽天」へ。閉店ギリギリだったので足裏だけお願いする。オーナー李さんはお休み。顔見知りの先生が「好久不見!」と組立て式ランタンをプレゼントしてくれた。干支のうさぎがライトで光る仕組み。ランタン祭時期なのに予定に無かった私の1人ランタン祭用にしようー。

◆濟南鮮湯包
住所 台北市濟南路三段20號
TEL 02-8773-7596
営業時間 11:00~14:30 17:00~21:00
休業日 ※店で貰ってきた名刺は月曜の定休がマジックで消されていました!要確認
◆老樹
住所 台北市新生南路一段60號
TEL 02-2351-6463
営業時間・定休不明(閉店24時でした)

つづきますー
nice!(2)  コメント(20) 

水缸牛肉麵 [台湾のこと]

久々に風邪をひきました。熱が出ることもなく、ここ何日か鼻水と咳が止まらなかっただけで市販の薬を飲んで回復。インフルでなくてホント良かったー。
みなさんもくれぐれも風邪にはお気をつけ下さいませ。
話は変わって、TBS系深夜枠連続ドラマ「カルテット」火曜放送(福田沙紀、松下優也W主演)の舞台に台湾の街が。先週「本当に日本かよ?」の台詞に「台湾だよね?」と答えた人ー?(川崎の無国籍タウンという設定らしい)エンディングにエバー航空のロゴがババンと出ていたのを見て何となくうれしかった。今夜も楽しみに観よう~。
「今年の旅行記は今年のうちに」を目標に、次回の本年分の旅行記までの溜まってしまった(2010年旅行分)台湾話をぼちぼちご紹介させて下さいー。

水缸牛肉麵

P1.JPG
お店はさり気なくありました。アーケードの内側を通っていると、まるで気づかず。まずお店の名前の読み方もわかっておりませんゆえ…。この後に台湾シャンプーの約束をしていた友人 王さんが連れて行ってくれました。
P2.JPG
ランチ時間後に入店。こじんまりながらも店内は地元のお客さんで賑わっておりました。
P3.JPG
額に入ったメニューがかわいらしく、清潔感のあるお店の雰囲気に合ってる。
P4.JPG
小菜も忘れずに。豆乾ともやしの合えものをつまみながら麺が来るのを待ちます。美味しいんですよね、豆乾。辣醤を添えるともう箸が止まらず。
P5.JPG
雪菜肉絲湯麺 細かくきざまれた雪菜はちょうど高菜のような食感で、他に豚の細切り肉と筍や椎茸も入って具だくさん。スープはあっさりでやさしいお味。太めの麺のもちもち感も美味しい。

心残りが店名に牛肉麺とあるのに、牛肉麺好きだというのに…。(訪れたのが8月で暑さのあまりあっさり麺を選んでしまった)次回は紅焼牛肉麺を是非食べてみたいと思います。
この後、至近の「Hair Mall 翠姿眉」で2時間がっつり台湾シャンプー&マッサージ(←かなりキツメ)を堪能。Hair Mall 翠姿眉へシャンプーに行かれたら、こちらで牛肉麺もぜひ。

◆水缸牛肉麵
台北市中正區杭州南路一段153號
TEL・営業時間・定休 未確認ですみません!
nice!(2)  コメント(16) 

台湾旅行記 2009⑥ iR china 川滇食尚 [台湾旅行記 2009⑥]

お寒うございます。
またしても久方ぶりの更新です。
最近PCの具合が悪くて勝手にバンバン再起動しています。ひどい時には2分に1度。
またいつ再起動するか、落ち着いて作業出来ません。すぐに保存するクセはつきました。
憂鬱~…いよいよ修理かーーー。
今回はやっと台湾旅行記(09.11)の最終回です。

台湾旅行記 2009⑥ iR china 川滇食尚

旅行も帰国前日の3日目。台湾迷仲間のせきけん氏と合流、相方と私の3名で夕食です。
101近くの“北中南”というお店に行ってみたんですが…閉店してた。
あらーーー、こんな所まで来てしまったねぇ。とりあえず101近辺で代わりの店を探すことに。
P1.JPG
iR china 川滇食尚 どうせなら101内でということで、4Fにある四川・雲南料理のお店へ。
オーダー式の食べ放題をやっていたので、ここに決定。3名でたくさん注文してみました。
        P2.JPGP3.JPG
        P4.JPGP5.JPG
        P10.JPGP11.JPG
        P6.JPGP7.JPG
        P8.JPGP9.JPG
◇老皮嫩肉◇麻婆茄子◇空心菜炒め◇海老マヨ◇油淋鶏◇酸辣湯◇麻婆豆腐◇海老チリ◇チャーシューと葱炒め◇蒼蠅頭◇白飯
ここは1皿が小さめで、少人数で来てもこれだけ楽しめました。他にも観光客の若い日本人男性グループが来店してたりと私達観光客も入りやすいお店構え。注文が食べ放題というのも利用しやすい。(値段を全く失念し…ただ驚くような高価でなくカジュアルな値段でした)
P12.JPG
食事の後は中山まで戻り、春水堂へ。この時は肌寒かったので温かい珍珠奶茶に。ポットの奶茶にもたくさん珍珠が入ってますので、奶茶だけガンガン飲んでしまった後にポットの中は珍珠でいーっぱい、てなことにならないようご注意を。(この時やりました)

せきけん氏とお別れ、また私達もぶらぶらとホテルへ。
次の日は朝便でしたので、旅行記はこれで終了です。相方はこの時以来、台湾にはご無沙汰となっとります。また今年は一緒に行けたら…私ばっかりな気もしますが~。
この長いことかかってしまった旅行記を最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。感謝です

◆iR china 川滇食尚
台北市市府路45号(台北101)4F
TEL 02-8101-7766
営業時間 11:30~14:30、17:00~21:00
休業日 年中無休
nice!(2)  コメント(22) 

台湾旅行記 2009⑥ 頂上魚翅燕窩専売店 [台湾旅行記 2009⑥]

1.jpg 昨日、新宿高島屋にて販売していましたアンドリューのエッグタルト。
コレ、携帯で写真を撮ったんですが、今までの旧携帯よりキレイに撮れてる。去年の秋、水没させて新携帯に機種変しました。データは何とか救出出来ましたが、ほんの瞬間でも水に浸かるとダメなんですねー。水没と言っても鍋焼きうどんの鍋に落としてしまったんですが…。皆様もお気をつけをー。
本日は途中になってしまった2009年11月の台湾旅行記の続きです。2009年…古くて今さらすみませぬ。ともかくこの旅行記は終らせたいと思います。

台湾旅行記 2009⑥ 頂上魚翅燕窩専売店

P3.JPG
旅行3日目、午前中から相方と出掛けたのは故宮博物院。リニューアルされてからの参観は、2人共初めてだったので、建物に入って「だいぶ垢抜けたねー」と。とてもキレイだし、エレベーターも便利だし、見て回り易くなっておりました。リニューアル以前の三希堂も、眺めも良くてすごく良い雰囲気だったんですけどね。

故宮の帰り、ふと思い出して行ってみました。
P4.JPG
劉家肉粽 粽のお店です。石門の本店に続いて、やっと士林分店へ。以前“端午節”の当日に来てしまい、お休みだったリベンジ。台湾知人への手土産に購入、そしてこれから昼食に行くというのに相方と1つづつ歩きながら食べる。(写真無し)
P6.JPG
今回お昼に来たのは 頂上魚翅燕窩専売店今回はフカヒレ!たっぷり食べたい!とやって来ました。高級店ではありますが、敷居の高いところは全くナシ。服装ももちろんカジュアルでOK。渡辺満里奈著「たわわ台湾」の紹介で知り、フカヒレスープを目当てに何度か来たのですが、親戚の台湾観光アテンドに来て以来、5年ぶりくらいの来店です。接客もサービスも行き届いており、お茶を少し飲むとすぐに注ぎに来てくれ、トイレに立つとトイレまで何人ものスタッフが場所を教えてくれました(笑)
P7.JPG
フカヒレスープの小 相方と1つづつ。土鍋でグツグツいいながら運ばれてきます。もう、この土鍋はテンション上がります。ここのフカヒレの大きさといい、スープの濃厚なコク、1品でもの凄い説得力。
P8.JPG
大きなフカフレ。身が厚く旨み満点の干し椎茸も入っています。スープのサイズは大・中・小とあり、小は2人でシェアしても充分の量なので、他のお料理も頼んで楽しむも良し。他メニューは以前頼んだもので、アワビごろごろ(叔母がぶつ切りアワビと苦手な筍と間違え手をつけなかった)炒め物やアワビの炒飯も美味です…が、コクのある味のベースが似ているので、ちと飽きがくるかもしれません。
P9.JPG
私達の注文はスープ以外、椎茸入りもやしの炒め物と白飯のみ。濃厚なスープには白飯が一番。
炒め物のもやしがとても美味。このもやし、ヒゲもきちんと下処理されていて、丁寧な仕事ぶりです。
スープは味に飽きてきたらチリソースと香菜を。土鍋いっぱいでも美味しく食べられる!…のハズでしたが、食べ切るのが少々つらかった。以前は完食の上にスープのおかわりが欲しいくらいだったのに。
これは…年齢???
デザート(この時は梨)を食べ終えると相方と2人して胸やけ満腹状態。でも、やはり台北で美味しいフカフレスープをお腹いっぱい食べるならこのお店で間違いなし。コースが無いので、料理はアラカルトですが、人数がいて迷ったらお店の人に相談するとお薦めのメニューを組み立ててくれます。
胸やけした事もずい分前ですし喉元過ぎれば…寒い寒い日本でグツグツの土鍋がまた食べたくなってきましたー。

◆頂上魚翅燕窩専売店
台北市新生南路一段121号
TEL 02-2773-7201~3
営業時間 11:30~22:00
休業日 旧正月前後、1,2日以外は年中無休

つづきますー
nice!(3)  コメント(17) 

新年快樂 [日々]

2.jpg

新年明けましておめでとうございます

お正月はいかがお過ごしでしたか?
年末から台湾に行かれてた方々も無事にお帰りのことと思います。
私の大晦日は恒例のさいたまスーパーアリーナDynamite!!」で長い長い1日を過ごし、
つつがなく2011年を迎え、今年の三が日は相方と自宅で静かに寝正月の上、モチ三昧。
年末は少々出掛け過ぎてしまい、喉の調子が悪かったのも復活。
昨日は初詣に靖国へ。厄払いも済ませたし、今年も元気に台湾行けますように…ははは。

昨年はお世話になりました。
ぼちぼち牛歩のブログにおつき合いいただきありがとうございます。
溜まりに溜まった台湾のことも書かなきゃ。
今年はタイムリーな台湾のご報告を目指して。どんどん記憶も無くなりますし(笑)
本年もどうぞよろしくお願いいたします!
nice!(2)  コメント(19) 

年忘れの羊肉串と小籠包 [台湾のこと]

P1.JPG

寒い師走ですねー。
週末は台北迷が集まり、年忘れの羊肉串を食べて来ました。
羊肉が苦手なワタシも、ここ「味坊」の炭火焼きで、クミンが効いた香ばしい羊肉串はいけます。
今年も何度となくお世話になったお店も本年は行き納め。
また来年もお世話になります!

P3.JPG

その先週末は台北へ。
マイルが年内失効ということで、ばつっと決めて行ってまいりました。
初の羽田⇔松山線。いやー、松山空港の便利なこと。到着後の入国手続きもスムーズだったし、タクシーで空港を出て15分後にはホテルに着いておりました。これはクセになる!
今回は5日間の日程で、ゆったりだなと思ってましたが台北であっと言う間に過ぎてしまった。
火鍋もたくさん食べて来られたし(笑)、新純香さんの冬季限定・乳軋糖が初入荷当日でタイミングも良かった。そしてドライマンゴーの今季最後の1つを戴いてしまった、すみません。
食べ納めと言えば、本年の台湾での小籠包もこれで終了。
こちらのは籠に8個。写真の写りが悪くて恐縮ですが、これでお店が判った方!…さすがです。
本年食べ納めは「明月湯包」本店でした。 合流でご一緒いただいたよ~さん、お世話になりました!
来年はどのお店が行き始めなるのかな。
今から楽しみ。(年末行かれる方、うらやましいー)
nice!(2)  コメント(19) 

ごぶさたしております [日々]

P1-3.JPG

ごぶさたしております
2ヶ月半ぶりのブログの更新になってしまいました。
前回、離職のお話しをさせていただきましたが、相変わらずに専業主婦生活を満喫中です。
生活サイクルが変わったことで色々と変化もありました。
会社にいた時には後回しにしていた病院へ初めて検査にも行ってみたりで。そこで気になることが出来てしまったのですが、現状では異常ナシということで心配事も無くなり安堵です。
丈夫だけがとりえなので驚きましたが、年齢を重ね、もう色々とムリの利かない身体になっているんだなぁと。気だけは若いんですけどねー。
皆さんも健康でありますように。
気分も変わって、やっと気になっていた更新出来てほっ。
以前から牛歩で、こんなぼちぼちのブログですが、続けていきたいと思っております。
また細々やっていきますのでよろしくお願いいたします。

写真は今年8月24日 台湾の中元節です(あの世のご先祖さまや霊(鬼)達が帰ってくるのを祭壇を捧げ大々的にお迎えする日)
色合いがおめでたそうだったもので…
nice!(2)  コメント(17) 

香港へ行ってまいりました [香港]

           P1.JPGP2.JPG
台湾につづき香港へ行ってまいりました。
4日間の旅。チャイナエアの台北経由。ははは。台湾では乗り継ぐだけ…サビシイ!!
台湾⇔香港は1時間半ほど。あっ!という間過ぎて、機内で映画なんか観てる場合じゃない。
帰りは香港のホテルを出発してから自宅に辿り着くまで、トータル12時間かかってしまいました~。
次回は間違いなく直行便だ!…とか言って、またやったりして~。かろうじて台湾の空気は吸える!

写真・左は香港のとある街角。真ん中の奥に某菓子メーカーの月餅の広告。(小さくてアレですが)
私の大好物、曾志偉(エリック・ツァン)の月餅と見紛うような幸せそうな丸顔。食べちゃいたい。
写真・右は某飲茶店にて。郷に入れば郷に従え…ということで、ちゃんとTempo持参。
とっても楽しみにしてた香港での飲茶。どれも美味しかったし、何より楽しい時間だったなー。
今回は夜のオープントップバスや、アフタヌーン・ティーと香港での新鮮初体験がぞくぞく。
いやー、オープントップバスがこんなに楽しいものとはー。もう1周!!

宿泊先は今回お初のハーバーグランド・香港(港島海逸君綽酒店)。
こももさんtomomiさんのレポを拝見してワクワク。全室ハーバービューというのが最大の魅力。
だって今までホテルの部屋からビクトリア湾が、チラッとでも見えたためしが無かった。
今回は部屋に入った途端「おおうー!!」感激☆これは期待以上!窓からビクトリア湾が目前にドーン。
旅のテンションがみごとに上がりました。ががっ!と。ホテルって大事だわー。
この旅のご報告は…一体何時なんだ?という事態ですが、また聞いてやって下さいませ。
たくさん、たくさん食べて来ましたので~。

※追記です
3.jpgTempo………香港では必需品のポケットティッシュとなっとります。広げると約210mmの正方形と大判で、4層の厚手なのでしっかりしてます。香り無しのNeutral、香り付きはMenthol、Jasmine、Applewoodの3種。香港での食事時に力を発揮。手やテーブルがどんどん拭けます。相席率の高い香港ですが、相席になった人が皆テーブルの上においてて愕き。各テーブルや店内にティッシュ完備が多い台湾は、たぶん必要度はそれほどでも…。
nice!(2)  コメント(26) 

台湾から戻りましたー 近況報告 [台湾のこと]

P1-2.JPG

またしても久々の更新です。
先週無事に帰国致しましたー。
今月で長年居続けた職場を退職、身辺ぱたぱたとしておりました。
お盆休暇+有休消化と時間はあったはずですが、それでもバタバタ。
先月中から辞める前にと仕事を立込ませてしまい、自業自得な肉体疲労と精神疲労が倍蓄積。
で、そのまま今回台湾6日間旅に突入。毎回3泊4日がお決まりでしたが、今回はちと長い。
でも、行ってしまえば毎度睡眠不足の4日間もこの6日間も変わらず。やはりあっという間でした。
相方もちょうど忙しい時期で、快く「台湾行くの?いいよー。」来月頭に香港行きを決めてしまっている私なので、さすがにちょっぴり遠慮がちムードをかもしてたんですが~。
最近は相方に「好きに生きてるね。」と言われつつ…次の香港がすでに楽しみー!
これからの日々は少々のんびりしたいなぁ。更新もザクザク…はは。

写真のかき氷は今回高雄で食べて来ましたー。たくさんのフルーツが満載です。
どうも嗜好的に単一のトッピングを選びがちなのですが、色々な味が一度に味わえる“総合”も台湾らしくて(今さら)美味しかったなぁと。先のことですが、またこの旅のことお知らせさせて下さいませ。
あっ!これから高雄で“水陸両用観光バスDuck Tour 「鴨子船」”に乗ろうという予定の方ー!
週末は、くれぐれも事前にチケットのご予約をお忘れなく!必ず!!
いやぁ、あはは…乗れなかったんですよ…高雄まで行って…。
やっちゃったー☆
nice!(2)  コメント(30) 

台湾旅行記 2009⑥ 川妹子 成都川味料理 [台湾旅行記 2009⑥]

こんばんは
気づけばお盆も過ぎ、またしても久々のブログ更新になってしまいました。
最近なんだか色々重なり、その間にはちょいちょい出掛けてみたり、食べてみたり、歳を重ねてみたりしてるんですが…またの機会にお話し出来たらと思います。(台湾旅行記がなかなか進まないもので~)今回も台湾旅行記の続きですー。牛歩ですみません。

あ!そうこうしている間に急遽、今週末からの台湾行きが決まりました。
まるでノープラン。これから急いで捻り出したいと思います。
この夏すでに台湾へ行かれた方w、現在行ってらっしゃる方w、お薦めなどありましたらご指南下さいませ!

台湾旅行記 2009⑥ 川妹子 成都川味料理

台南から戻るとすでにPM9:00。
急いでお夕飯に向かわなくては。MRTに乗り、忠孝敦化へ。
P1-1.JPG
川妹子 成都川味料理
四川料理好き(辛いものが)。本日の川妹子は初来店です。ここは四川料理店の有名店KIKI餐廳の元シェフが腕を奮っているとのことなので、期待まんまんで訪れてみました。
店内は赤、黒、白が基調ですっきりまとめられたスタイリッシュな雰囲気。やはりKIKIにも似てるかな。でもKIKIよりカジュアルな印象です。

P1-2.JPG
空心菜の炒め物
四川でも台湾料理でも欠かせないマストメニュー。青菜の炒め物はそれぞれ美味しいですが、1番好きなのはシャッキリ食感の空心菜。にんにくの効いた絶妙な塩味は、これだけでもご飯進みそう。
P1-3.JPG
麻婆豆腐
メニューが豊富でかなり悩む。揚げた卵豆腐料理「老皮嫩肉」も大好きだし食べたかった。しかし麻婆豆腐が大好物で、熱望する相方に押し切られました。麻婆豆腐、美味だった。なかなか辛い!これはもう白飯ですよ!白飯!
P1-4.JPG
蒼蠅頭
この料理を一番最初に体験したのもKIKIでした。食べ物にハエの料理名には衝撃受けましたが、美味なので蠅の頭的だろうが没問題。ちなみに材料はニラ・にんにくの芽・ひき肉、それを唐辛子と豆豉で炒めたものです。これも完全にご飯のお供。白飯の上にたっぷりと乗せ、空心菜も乗せて、さらに麻婆豆腐も乗せ…食べるという邪道な私。

川妹子、美味しかったです。お値段はたぶんKIKIよりもリーズナブル。メニューが豊富なので、やはり何名かで来て、たくさんの種類のお料理を味わいたいお店です。もちろん2人でも問題無し。是非またリピートします。

食事後はいつものマッサージ店「楽天」で足裏+全身マッサージ。台南の疲れも癒やされますね。
P1-5.JPG
その夜、やっぱり開けました。台南・安平で購入してきた「蝦せん」(3つで100元也)、TV観ながらのパリパリ。普通にエビせん。これがなかなか大袋でかさ張るし、割れるから持ち帰りにも気を使うんですが。でも、買っちゃうんですよね。


◆川妹子 成都川味料理
住所 大安區忠孝東路4段216巷19弄6號
TEL 02-27216950
営業時間 11:50-14:00 17:30-22:00

つづきますー
nice!(2)  コメント(24) 

台湾旅行記 2009⑥ 台南④→安平天后宮→安平古堡→安平樹屋→周氏蝦巻 [台湾旅行記 2009⑥]

こんばんは
このところ様々な事が立て込み、ブログの更新が長い間滞ってしまいました。
あー、本日はやっと日曜らしい日曜を過ごせて身体ものびのび。
間が開いてしまいましたが今回も台湾旅行記のつづきです。

台湾旅行記 2009⑥ 台南④→安平天后宮→安平古堡→安平樹屋→周氏蝦巻

P1-1.JPG
安平へ移動。安平観光のスタートは安平天后宮から。
P1-2.JPG
壁にも床にもたくさんの全ての狛犬が赤いリボンで飾られていました。

P1-3.JPG
安平古堡です。(現存している台湾最古の城)私達が訪れた時は地元小学生の大写生会の真っ最中。どこもかしこも小学生と保護者の皆さんが溢れ、何かイベントも開催とあって人の渦。
撮った写真も他の人が満載。(安平古堡案内はこちらで)

安平古堡ももちろんお初の相方はゆっくーり見学しておったので、そろそろ夕暮れに。
慌てて安平の今回の目的へ。

P1-4.JPG
安平樹屋 前回訪れなかったのが唯一心残りになっていた場所。元々イギリス商の倉庫だった建物にガジュマルの木が侵食、幹や枝が建物中に入り込んでこのような姿に。これはすごい。
P1-5.JPG
現在も成長し続けているガジュマルの木々。いつか建物全てを覆いつくしてしまう時が来るのかも…自然の逞しさですね。

安平樹屋を見学後、相方と感想を歩きながら話しているうちにせっかくの延平老街もどんどん通り過ぎてしまってました。

P1-6.JPG
周氏蝦巻
台南に来たら食べなくては、訪れなければ、という有名店へ。蝦巻は昔から蝦がたくさん採れた台南の名物料理です。
P1-7.JPG
お客さん満載。席も満席…でも皆長居はしないので回転が早く、すぐに座れます。
P1-8.JPG
1人前が2本。揚げたてアツアツのサクサク。撮れてませんが、セルフのタレにはワサビをたっぷり。合うんですねー、ワサビが。横に添えられたショウガがさっぱりとして良い。

P1-9.JPG
すでに帰りの新幹線車中です。安平から高鐡台南駅は結構距離があり、とっぷりと陽も暮れ慌てて移動。席に座ると1日の疲れがどっと出ました。乗ってしまえば台北まではあっという間。もちろん2人して即爆睡。あまりの疲れっぷりに、やはり台南に1泊すれば良かったとしみじみ思いました。台南の夜市へも行ってみたかったし…また次回の楽しみですね。

◆周氏蝦巻
住所 台南市安平区安平路125号
TEL 06-229-2618
平日7:00-19:30 休日7:00-20:00

つづきますー
nice!(2)  コメント(25) 

台湾旅行記 2009⑥ 台南③→赤崁擔仔麺→赤崁樓→祀典武廟 [台湾旅行記 2009⑥]

こんばんは
早くも7月、最近枝豆をよく食べてます。茹で上がった枝豆に塩…これだけで美味しいー。
これでビールが飲めればねぇ。
今回も台湾旅行記のつづきですー。

台湾旅行記 2009⑥ 台南③→赤崁擔仔麺→赤崁樓→祀典武廟

P1-2.JPG
赤崁擔仔麺
歴史のある台南は台湾を代表する料理が数多く名物になっています。中でも擔仔麺は最も有名かも。同じく擔仔麺の有名店である度小月は台北にも進出してるし、台南でしか食べられないものをと赤崁擔仔麺へ来てみました。
P1-3.JPG
とってもレトロな店内。私達は1階に通されましたが、2階スペースも広くて1階同様、レトロ感あふれる雰囲気。しかしなんか落ち着かない。何で?と考えても理由無く。
P1-5.JPG
青菜は空心菜を。にんにくと濃い醤油味のタレがかかってます。この結構たっぷりな生にんにくが途中ツラくなってきてしまった。にんにく大好物の相方はおいしく食べてました。
P1-4.JPG
擔仔麺。麺は中華麺・米粉・板篠から選べ、私は米粉にしてみました。相方は中華麺。(写真ナシ)ここにももちろん乗ってる生にんにく。入り口付近に置いてある調味料はお好みで。スープが美味しくて、お腹は減ってなかったのにあっさり完食。

完全に満腹状態でまた観光へ。
赤崁擔仔麺からすぐの台南を代表する観光地、赤崁樓へ。こちらも国家一級古跡。
P1-7.JPG
P1-6.JPG
この赤崁樓はオランダ軍によって建造され、その時代の原名はプロヴィンティア砦といいました。その後、鄭成功軍が占拠。門から入った正面には鄭成功に降伏するオランダ人の銅像が。
占拠後、鄭成功はこの赤崁樓を住まいにしていたんですね。(建物は長い長い歴史の中、外壁以外は残らず。現在の形に再現されたのは19世紀後半です。)
P1-9.JPGP1-12.JPG
丸みのある門、残っている城の基礎部分(積んだレンガの接合剤はもち米のとぎ汁に砂糖水、牡蠣の殻を灰にした物を混ぜた物だったそう。古の技はスゴイ。)も歴史ある物。
P1-11.JPG
赤崁樓も見応えあり過ぎて初の相方はもちろん、じーーっくり参観。安平で行きたい所のある私。そろそろ安平へ、と思いながらも、もう一ヶ所外せない場所へ。
P1-10.JPG
祀典武廟
赤崁樓から通りを挟んですぐお向かい。こちらも国家一級古跡。関羽が祀られた格式高い武廟。たくさんの学生達がお参りに来ていました。遠足か?創建時には同じく武人、岳飛も一緒に祀られていたのが、清時代に、漢民族の英雄だった岳飛は切り捨てられてしまったんですね。

駆け足ながら市内の観光はここまで。安平へ向かいますー。

◆赤崁擔仔麺
住所 台南市民族路二段180号
TEL 06-220-5336
営業時間 11:00~2:00 (年中無休)

つづきますー
nice!(2)  コメント(16) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。